共起語文章作成ソフト@Cワード

検索エンジンで上位表示するためにはコンテンツSEOが重要
という話は嫌というほど見聞きしたと思います。

それでは、どのようなコンテンツをかけば上位表示ができるのか、詳細となると「ユーザーが求めている・役に立つコンテンツ」などと言った具合に、非常に曖昧な情報しか公開されていません。

E-A-T(専門性、権威性、信頼性)など、googleの検索品質評価ガイドラインに書かれてある単語を出してきても、抽象的過ぎてわからないのではないでしょうか?

コピーコンテンツなどが論外などは言うまでもないとしても、いくら記事を書いても全く上位表示されないというのでは、モチベーションも下がってくるでしょうし、あなたの目的を達成できません。

専業アフィリエイターの近藤武さんは、時々googleのペナルティで泣かされながらも、月8桁単位の金額を長期的に稼ぎ続けている一人ですが、上位表示のポイントとして、文章中の以下の2点をあげています。

  • 共起語(連想させる関連ワード)
  • キーワード比率

あなたもすでに聞いたことがあるかもしれませんし、文章を作成する際に注意しているかもしれませんね。

全くのゼロから、共起語やキーワード出現比率を意識した文章を、指定の文字数内におさめて作成できれば、上位表示の可能性は高まります。

これらは、一般的な記事作成の外注と比べて何倍もの費用が必要なWebライターであれば、過去のライティング経験とライティングトレーニングによって自然と身につけている能力です。

あなたがこれから上達することは必要だとしても、そう簡単なものではないために途中で挫折する可能性が高いですし、それまでの間は上位表示できなくても我慢するしか無いというのでは意味がないですよね。

そこで役立つのが「共起語文章作成ソフト@Cワード」です。

キーワードと出現比率の情報を用意するだけで、後は自動的に文章を生成してくれるツールです。
文章の文字数もしていれば、その長さで出力してくれます。

もちろん、人間が読むと意味がわからない部分も一部は出ますが、PSW2と同じようなレベルの文章が生成できるといったら驚くのではないでしょうか。

作成できる記事数に制限はありませんので、必要に応じて100記事、1000記事と文章を生成するといいでしょう。

>>「共起語文章作成ソフト@Cワード」の詳細はこちら

共起語文章作成ソフト@Cワードの使い方

共起語文章作成ソフト@Cワードの使い方をまとめました。

  • キーワード比率チェックサイトなどを用いて、上位表示されているWebサイトやブログなどの記事のキーワード出現頻度を調べる
  • Cワードにキーワード出現頻度の情報を貼り付ける
  • キーワード出現回数の調整や1記事あたりの文字数、ファイル名などの設定を行う
  • 「共起語文章作成」ボタンを押す

1万文字以上の文章でも簡単に出力します。

出力される文章は、人間が読むと理解するのに苦労するレベルですから、メイン記事として用意するのには不向きです。

あくまでも、上位表示させたいWebサイトやブログに集客するための記事としての導線として使う程度にしておいたほうが無難です。

>>「共起語文章作成ソフト@Cワード」の詳細はこちら

NO IMAGE

ADVANCED BEGINNER

英会話をマスターするための学習教材や学校は数多くありますが、なかなか上達できずに挫折する人が少なくありません。 英語が...