【荒木式】糖尿病克服プログラム

あなたは2型糖尿病で悩んでいませんか?

1型糖尿病が膵臓の働きの悪化によって生じるのに対し、2型糖尿病は生活習慣病として、食事の乱れや運動不足などによって生じるケースが多いとされています。

このため、運動療法や食事療法によって血糖値を下げるように医師から指導されることが一般的ですが、食事の量を控えたり、毎日へとへとになるまで運動しても全く血糖値が改善しないケースも少なくありません。

医師からは「努力が足りない」などと嫌味を言われて、あなたもイライラした経験があるかもしれません。

いずれにしても、インスリン注射や飲み薬などで血糖値を下げるしかないといった状況が続いているのではないでしょうか。

兵庫県加古川市にある崇高クリニック院長で医師の荒木裕さんは、これまでに独自の治療法で、患者さんの糖尿病を根本的に解決してきました。

その方法というのが「糖質制限」ですが、糖質制限による糖尿病治療は日本糖尿病学会が否定していたのではないかと疑問に感じているかもしれません。

糖質制限食に関する糖尿病学会の見解 | 糖尿病医療 進歩の歴史 | 糖尿病リソースガイド
糖尿病医療の現場で求められる医薬品や医療機器をはじめ、食事や運動など糖尿病医療に役立つ製品、サービス、関連情報を収集・整理してお届けします。

その一方で糖質制限を頑なに認めようとしない学会に見切りをつけて、糖尿病治療の実績を積み上げている医師も増えています。

崇高クリニックでも糖質制限を主体とした食事療法を行うことで、患者さんの血糖値を大幅に引き下げた実績が豊富にありますが、闇雲に甘いものや穀物を食べないといった短絡的な方法だと、栄養バランスが崩れてしまうために、別の病気を引き起こすおそれがあります。

正しい栄養の知識を身につけた上で、糖質の摂取量を減らすように取り組んでいく必要があります。

崇高クリニックで2週間の指導入院を行い、正しい知識を身につけることもできますが、公私ともに忙しい日々を送っていると、いくら健康のためだと言っても、時間的に難しい人も多いのではないでしょうか。

そこで役立つのが「【荒木式】糖尿病克服プログラム」です。

DVD動画で何度でも繰り返して学ぶことができますし、希望者はオプションで個別サポート(別途有料)が用意されています。
気軽に相談ができるため、必要性を感じたらサポートも利用するといいでしょう。

なお、「【荒木式】糖尿病克服プログラム」は、1型糖尿病や透析が必要な状況の人には役立たない可能性が高いです。
要観察状態が続いていたり、注射や薬がないと血糖値が下がらないといった段階の人が対象です。

>>「【荒木式】糖尿病克服プログラム」の詳細はこちら