風花優遊一覧

風花優遊

ブログを使って稼ぐというと、どのようなイメージがありますか?

サイトアフィリエイトなどと同じように、ランキングを並べたり、商品などのレビューをするというイメージでしょうか。
イケダハヤト氏などのようにアルファブロガーになって、アドセンスやamazon、楽天などのアフィリエイトで稼ぐといった印象があるかもしれません。

「風花」シリーズでブログアフィリエイトなどのマニュアルを数多く販売してきた「風花未来」こと高田康孝さんですが、現在は大きく以下の2種類の手法を提案しています。

  • 特定の商品をターゲットにしたレビュースタイルの「風花初芽」
  • アドセンスなどのクリック報酬を狙う「風花燕舞」

高田さんの最初のアフィリマニュアルである「風花心伝」は、エンタメジャンルを中心としたトレンドアフィリエイトで大量のアクセスを集めて稼ぐという手法が、当時は斬新でした。

しかし、今ではトレンドブログは山のように溢れかえっていますし、googleからペナルティを課されてインデックスが全て消えてしまうケースが続出したことから、スピード感が求められるトレンドアフィリではなく、シンプルなブログアフィリを推奨するようになっています。

この影響で、「風花」シリーズ本来の「自分らしく自由にワクワクしながら記事を書く」という部分が失われてきたというのも事実です。

そこで、「風花優遊」では、この問題を解決するために、普通のアフィリエイトでは言語道断、やってはいけないなどと指摘される「日記ジャンル」を使ったブログアフィリエイト手法を提案しています。

日記ジャンルでアフィリエイトを行うメリットは以下の3点です。

  • 日記ジャンルはアクセスを集めやすい
  • 初心者でも記事作成に苦しまず、遊び感覚で楽しく続けられる
  • ブロガーに必要とされる、さまざまな能力(感覚・技術・創造力など)を養える

「風花優遊」のスローガンが、「本当の自分が歓ぶことをしよう」というのも、わかるのではないでしょうか?

>>「風花優遊」の詳細はこちら

風花優遊の内容は?

風花優遊はPDFファイル形式のマニュアルとなっており、以下のように、8章立て、240ページの構成となっています。

  • 第0章 実践の手引き(9ページ)
  • 第1章 本質と可能性を知ろう(22ページ)
  • 第2章 ワクワクしながら遊ぼう(26ページ)
  • 第3章 自分らしい役割を探そう(36ページ)
  • 第4章 書き方を工夫しよう(43ページ)
  • 第5章 読者を増やそう(47ページ)
  • 第6章 収益を伸ばそう(33ページ)
  • 第7章 さらに進化しよう(24ページ)

風花優遊では、集客のしやすさやSEOの強さなどから「はてなブログ」を使います。

慣れている人や、内的SEOの強化が自力で行える人はWordpressや他社無料ブログなどでも構いません。
なお、アメブロは基本的に商用利用が禁止されていますので、アフィリブログは削除される可能性が高いです。無料ブログを使う際には、商用利用が許可されているところを選びましょう。
はてなブログではアドセンスが使えませんので、楽天やamazon、ASPアフィリが中心となります。

風花優遊に沿って日記ブログを書いているだけで、あなたの感覚を大事にした「感覚学習」が自然とできることから、

  • 瞬間的に感覚で判断する力
  • 自分で考える力
  • 自分で工夫する力
  • 自分で意思決定する力
  • 自分で自発的に行動する力
  • 自由な発想力
  • 独自性を生む創造力

など、ブログアフィリエイトで求められるスキルやテクニックが、無理なく身につけられます。

ある程度のレベルに到達すれば、「風花初芽」や「風花燕舞」などのジャンルを狙ったアフィリエイトや、ルレアやアンリミなどの本格的なアフィリエイト手法を実践する際にも、苦しむことなく取り組めるようになります。

>>「風花優遊」の詳細はこちら

風花優遊の購入特典

風花優遊の購入特典をまとめました。

  • 購入者限定のメンバーズサイトでの公開サポート
  • 購入者限定メールマガジン「優遊レター」
  • 「風花優遊」を使って収益を激増させる音声教材
  • 3ヶ月間の教室形式でのスクールに優待価格でご招待(2018年9月開始予定)
  • クリック率と収益を劇的にアップさせる「風花式クリック誘発術」
  • 今さら誰も教えてくれない致命的なミスを防ぐためのマニュアル
  • ウェブ文章の美的考察レポート「より豊かに伝えるために」
  • 風花式Webライティング入門講座
  • 風花優遊バージョンアップ時、追加特典の無料受け取り
  • 音声アドバイス、動画アドバイス(不定期、メルマガ内)

>>「風花優遊」の詳細はこちら