一級建築士「FS」勉強法

一級建築士試験に合格するためには、学科試験と設計製図試験の両方に合格する必要があります。
設計製図試験は学科試験に合格しないと受験することさえできませんが、学科試験の合格率は20%を割り込むことも珍しくない狭き門となっています。

このため、まずは学科試験の勉強に取り組むことが一般的ですが、試験範囲の広さに頭を悩ませているのではないでしょうか?
勉強をしても忘れてしまうという繰り返しで、平日は仕事で疲れた頭脳で学習効率が上がることもなく、せっかくの休日を潰して勉強に取り組んでいてもイライラするばかりで、なかなか勉強がはかどらないという状況だと思います。

建設会社に勤務している滝十字(たきじゅうじ)さんは、「満足するための勉強」ではなく「合格するための勉強」をする必要があると指摘します。
滝さん自身も一級建築士試験に5年連続で学科試験に不合格だった上に、資格学校や教材、模擬試験などで120万円以上もつぎこんでいたそうですから、何とか合格したいと思って必死だったわけですが、合格するための勉強が何なのかが全くわからないままに勉強せざるを得ない状況だったことから、成果が出ないのも当然です。

しかし、ようやく6年目にして偶然の産物と言うべきか、一級建築士「FS」勉強法の原型となる学習法が頭の中に思い浮かんだことで、ようやく合格できたのです。

この学習法は、勉強をやりたくないというモチベーションが低い時に、無理やり気合を入れて勉強に取り組む必要もなければ、専門用語や定義を理解したり、覚えることが簡単にできる上に、頭の中が整理されるので忘れないという効率の良さが魅力的だと滝さんは言います。
また、学習時間をまとめて確保できない時に、スキマ時間だけを活用して勉強できるというのも、忙しい仕事の合間を有効活用できるという点では嬉しいですね。

あなたが一級建築士「FS」勉強法でやることは、以下の2つのみです。

  • 音声にまとめる
  • 空き時間に聞き流す

英語教材だと頭の中で雑音だと自動的に判定するため、この手のリスニング学習は失敗するケースもあるといいますが、日本語で聞く分には問題ありませんし、少なくとも自分にとっては重要な内容ですから、知らず知らずのうちに聞いてしまうものです。

このため、聞き流しているだけのように思えても、自然と頭の中に正確に記憶されていきます。

一級建築士「FS」勉強法の内容

一級建築士「FS」勉強法は、大きく3つの章にわかれています。

  • マインド編
  • 知識編
  • テクニック編

某英語教材のようなミスをしないための聞き流し方や、過去問題集の間違いを覚えずに正確に記憶する方法、用語の定義をあやふやではなく深くしっかりと理解する方法などを学ぶことができます。

一級建築士「FS」勉強法では、試験で成果が出せるようにするためのアウトプットについても重視しています。
「満足するための勉強」をしたいのであれば、聞き流して覚えられたと満足するだけで十分だからです。

一級建築士「FS」勉強法の特典

1.平成26年(2014年)の一級建築士学科試験の全科目を音声化したファイル(mp3形式)

  • 計画(12分)
  • 環境整備(12分)
  • 法規(24分)
  • 構造(15分)
  • 施工(18分)

2.過去10年分の学科試験問題と解説
3.学科試験に合格するまでのメールサポート
4.教材の無料バージョンアップ
5.無条件返金保証(購入後、64日後から93日後まで)

>>「一級建築士「FS」勉強法」の詳細はこちら