再就職と失業保険の手当について

失業したら、まずは再就職を早くしたいと思うのは当然だと思います。すぐに仕事が見つかるかどうかもわからないわけですから、再就職先を探すのと同時に、失業保険を受給できるように手続きをしましょう。万人が失業保険をもらえるわけではありません。まずは失業保険の手続き用書類を揃えます。失業手当は、もらえる人と、もらえない人とがいますので、自分はもらえる側なのか、今の仕事をやめる前に把握しておく必要があるでしょう。仕事をやめた時に、再就職に向けて就職活動をしっかり行っていること。また、退職日より一年前から被保険者期間が半年以上なければいけません。いくつかの会社にまたがって勤めていたという人でも、被保険者期間は合計することができますので、失業手当が受給できたりします。前の会社を退社した時に失業手当をもらっていたり、再就職するまでに1年以上あいている時は合計する事はできないので確認してみましょう。会社を退社した場合には収入が無くなり、生活していけるかどうか誰でも心配になるものです。ローンの返済途中の人や、子育て中の人は、収入を確保しないとお金が一方的に出ていってしまうばかりです。頑張って転職活動をして、次の仕事につこうと思っても、いい求人がなかったり、先方の反応がよくなかったりと、思うようにいかないこともあります。収入がないのに支出はあるという状況では、貯金がみるみるうちに少なくなっていって、精神的なストレスも積み上がってきます。失業手当がもらえるようにしておくことで、すぐに再就職ができなくても、ある程度の収入を得ることができるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする