求人と就職状況について

長く続いた不況の影響もあって、会社の倒産したとか、給料がカットされたとか暗い情報をよく見聞きします。景気の良かった時代には無かった、リストラなんていうことも当たり前に起こっているのが現状です。新卒で採用されて、定年まで同じ会社で働くということは滅多になくなり、今の会社に来月もいられるかわからないという状況になっています。昔から働いている社員であっても、転職を視野に入れて求人雑誌をチェックしているという話はよく聞きます。まだ何とか働けているという場合でも、ボーナスが少なかったり、給料が当初の見込みどおりに上がっていなかったりとなると、転職について考えてしまうものです。とはいえ、月々の給料が安定している環境というのは、不満な点がある程度はあるかもしれなくても、安心して生活を送ることができる状況です。今の仕事に不満があったとしても、次の予定が何も決まっていない状態でいきなり退職してしまうのは、もったいない事です。求人の数が増加している傾向にはありますが、すべての人が就職できている訳では無く、職種によっては倍率が高くて、入社できる人はほんの一握りというケースもあります。仕事をやめる時には、この会社をやめた後はどうするかを決めてからにしましょう。次の働き口を見つけてから、会社をやめるとスムーズに進みます。働いていない時に転職活動をすれば、フットワーク軽く行動ができるという良さもありますが、働いていないということ自体、生活費の捻出が難しくなってしまいます。この頃は、企業が出す求人数も多くなっています。転職活動に取り組むのであれば日頃から情報収集に力を入れて、よい求人を取りこぼさないようにしましょう。どんどん動いて、納得のいく就職をするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする