Overcoming Panic disorder

パニック障害は、当事者にとっては恐怖や不安きわまりないのにもかかわらず、なかなか第三者からは理解されないものです。
あなたも苦労しているのではないでしょうか?

パニック障害を発症するタイミングは人によって異なりますが、「逃げられない空間」に入った時点で起こることが多いです。
通勤電車や路線バス、車の中や、会社、会議室、散髪、美容室、クリニックなど、さまざまな場合に出てくるものです。

その上、いったんパニック障害を発症すると、今まで何でもなかったタイミングでも症状が出てくる場合もあります。
外出することすら怖くなってしまい、恐怖症や不安障害などを続けて発症することも珍しくありません。

精神科や心療内科にいくと、精神安定剤などの薬をもらって、後はパニックが起こる状況で慣れるように学習させるといった治療法が一般的ですが、なかなか思い通りにはいかないものです。

その上、パニック障害の症状が落ち着いたとしても、薬をやめると簡単に再発するために、いつまでたっても完治しないことも少なくありません。
あなたも今までに経験したことがあるかもしれませんね。

賀澤広宣さんは、転勤後すぐにパニック障害を発症したことをきっかけとして、通勤電車をはじめとして、さまざまなタイミングで起こる過呼吸などのパニック障害に10年間も悩まされたといいます。

その間、賀澤さんは、パニック障害を解消するために、さまざまな方法を取り組んでは失敗を繰り返してきたといいますが、試行錯誤を重ねた結果、なんとか自力で改善させることができたといいます。
その方法をまとめたのが「Overcoming Panic disorder」です。

Overcoming Panic disorderは、賀澤さんだけ効果があったといったような個人的な体験談ではなく、これまでに126名が実践し、90日間でパニック障害を克服することに成功した方法です。

Overcoming Panic disorderでは、以下の3ステップでパニック障害を改善していきます。

  • 栄養療法の実践
  • 対処法を学ぶ
  • 正しい行動ルールで成功体験を積む

困ったときには、LINEの通話機能を用いたサポートを1回20分まで、最大5回まで受けられます。
あなたがパニック障害を克服した後は、以前よりも、自分自身が大きく成長していることに気づくはずです。

万が一、Overcoming Panic disorderを90日間実践しても成果が出なかった場合には全額返金保証が付いているので安心です。

>>「Overcoming Panic disorder」の詳細はこちら