若者の持つ就職観について

最近の若者は、どんな就職観を持っているのでしょう。最近の調査によると、楽しく働きたいという就職観を持っている若者が多いようです。会社で働くだけでなく、家庭や趣味も重視したいという就職観がある若者も大勢います。働くことで、社会に役立ちたいという方もいます。社会にとってより必要とされる存在になりたいという考え方もあるようです。基本的には、出世志向より生活の安定性を重視している人が多いですが、それ以外のことでは、就職観のダイナミックな変化は若者層には見られていないことが指摘されています。就職難の時代が長かったこともあって、つきたい仕事につけていないと感じている若者もたくさんいるといいます。希望していた仕事に就くことの出来なかった環境下で、どのような就職観を持って働いていくべきか、若者一人一人の考えが問われています。就職観と食い違う環境で働いていると、モチベーションの維持が難しくなります。働くことや、家族や友人と一緒に過ごすこととの両立をどのようにしていくかに迷ったら、就職観を捉え直すことが重要です。働き方と就職観のすりあわせができていないと、仕事を続ければ続けるほど、精神的な負担がまして仕事がつらく感じるかもしれません。10年後、20年後の自分がどうなっていたいかは、若者の就職観を決めるためには重要です。就職観をどのように捉えているか自分の考え方をまとめた上で、就職活動に取り組むようにするといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする