アクセスゲッター

Webサイトやブログにアクセスを集めるための手段は多様化しています。

かつては、検索エンジンの検索結果やランキングサイトの攻略などが有名でしたが、検索エンジンで上位表示することは難しくなる一方です。
ランキングサイトの効果も一昔前までと比べると弱いため、期待したほどの成果は得られないことも多いです。

現在は、SNSや動画などから誘導するケースも増えていますが、SNSは流行の変わり目が早いため、短期間で役に立たなくなる場合も珍しくありません。

お金があれば、ネット広告を使ってもいいですが、サイトのジャンルやコンテンツによっては審査で落とされる場合もありますし、アクセスが増えるほどにコストも増えるため、それ以上のメリットがなければ、お金の無駄でしかありません。

株式会社e-solutionの「みつお」さんは、一般的なSEOではなく、ロングテールのキーワードを活用し、アクセスを呼ぶことだけに特化したサイト(入口サイト)を量産すればいいとアドバイスします。

それぞれのロングテールキーワードからのアクセス数は少なくても、「チリも積もれば山になる」というように、その数が増えると馬鹿になりません。

しかし、「こんな入口サイトは検索エンジンからは「ドアウェイ」と認定されて、検索結果にすら出て来ないから無駄」といった意見も少なくありません。

「みつお」さんは、このような批判に対して、実際のアクセス数データで反論をしていますが、100サイト作れば1日200~300PV、1ヶ月で6,000~9,000PVと意外に多いことに驚くのではないでしょうか?

この入口サイトを1サイトあたり10分程度で作成できるのが「アクセスゲッター」です。
アクセスゲッターは、入口サイトを作成することに特化したhtmlサイト作成ツールです。

初期設定を済ませていれば、ロングテールキーワードを入力するだけで、入口サイトを一気に作成します。

オリジナルコンテンツを追加してもいいですし、サンプルコンテンツなども用意されているため、有効活用するといいでしょう。

コンテンツをアップロードすると、徐々にアクセスが増えてくるため、しばらくして落ち着いたら「メタリフレッシュタグ」を入れて自動転送させると更にアクセスを増やせます。
アクセスゲッターを活用すれば、数秒で処理は完了するため、ほとんど手間らしい手間はかかりません。

>>「アクセスゲッター」の詳細はこちら