就職活動における就職観について

近年、就職観という考え方に関心が集まっています。経済情勢の低迷から、就職難の時代が続いています。新卒でも就職試験は狭き門で、大学ぐるみで就職活動に力を入れているところも多いようです。何故仕事をするのか、仕事をすることで何を実現したいのかを問う就職観が、就職活動の中で重視されてきています。自分にとって仕事とは何かをはっきりさせることが、就職観です。多くの新卒者は、就職観を持たないままに、自分の就職活動をしているものです。就職活動の結果に満足するためにも、自分自身の就職観を明確にしておくと、いいかもしれません。自分は何のために働くのか明確にすることは、就職活動だけでなく、その後の人生においても働くモチベーション源となります。経済的自立をすること、夢を実現すること、社会的に成功すること等、就職観は人それぞれです。答えの良し悪しはありませんが、自分のよって立つものはどこかという点を明らかにしておきましょう。明確な就職観のないままに働いていると、物事が思い通りにならなかった時の対策が見つけられなくなります。目先の仕事ばかりをこなして何も蓄積するものがなかったり、頑張る気持ちがわいてこないで挫折してしまうこともあります。就職観を固めることは、自分のためにすることなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする