不要品の買取転売 HRS

転売・せどり手法として、これまでにさまざまな手法が提案されてきました。

仕入れに関するノウハウや手法も今までに数多くの手法が提案されていますが、小売店やヤフオク、メルカリなどを使って仕入れと比べて、ライバルが少ないのが、不用品を直接買い取る方法です。

「大手買取業者やリサイクルショップなどと同じ土俵に立つので不利」などといった意見もありますが、店舗型・会社組織として行っている買取業者の買取価格よりも高値を提示することで、意外に問い合わせなどが多いものです。

買取業者の場合は、店舗や人件費などの中間コストが高いため、どうしても一定ラインを超えた買取価格を提示するのは難しいものです。

個人レベルの副業であれば、中間コストを気にすることなく行えますし、仕入れた後にヤフオクやメルカリなどに出品して転売益を得るだけなので、大手業者より高値で買い取っても十分な利益が見込めます。

この不用品を買い取って転売することで稼ぐための手法やノウハウをまとめたのが、HRSです。
ジャンク品を中心に仕入れて、ヤフオクやメルカリなどに出品することで、高い利益率が可能になります。

中古品の買取を行うために古物商免許の取得が前提となりますし、無店舗型で出張買取をメインに取り組む場合には、車がないと不便です。

また、ネットで宅配買取にするという方法もありますが、大手業者の知名度や広告宣伝に埋もれることなく、集客するのは意外に大変です。
チラシを作ってポスティングするほうが、買取依頼が多い場合も珍しくありません。

HRSを始めるときは、ノウハウの取得や資金面の問題などから、あなた一人でスタートしたほうがいいでしょう。
ある程度、売上や利益が安定化してきたら、業務委託などを活用して外注を雇うことで、あなた一人ではこなせない作業を行えるようになるため、売上・利益ともに飛躍的に増えることが期待できます。

もちろん、人件費が上がったり、別の人が行うことでトラブルが発生する可能性もあるため、外注管理には注意が必要です。

>>「不要品の買取転売 HRS」の詳細はこちら