中小企業のクラウドファンディング活用法

中小企業や個人事業主などの資金集めの手段としてクラウドファンディングを活用するケースが増えてきました。

クラウドファンディングとしては、募金を集める「寄付型」やリターンを求める「投資型」もありますが、現在増えているのが、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」です。

この購入型クラウドファンディングを有効活用することで、一個人でも期待以上の資金を集めて大成功をおさめたケースが増えています。

購入型クラウドファンディングに成功することで、ただ資金を集めたり、売上を上げるだけでなく、濃いファン・見込み客を増やすことができます。
新たな商品を開発したり、サービスを始めた場合などにも、反応してくれる可能性があります。

その一方で、まったく資金が集まらず、購入型クラウドファンディングが失敗するケースも少なくありません。

この違いはどこにあるのでしょうか?

CAMPFIRE社外パートナーの大村和彦さんは、これまでにサポートしたクラウドファンディングのプロジェクトで累計6億4000万円の資金調達に成功していますが、資金集めに成功するためのノウハウを知っているかどうかの違いだと指摘します。

購入型クラウドファンディングを資金調達としてだけでなく「マーケティングツール」として活用することにより、広告宣伝費を抑えながら商品価値を高めたり、ブランディングを行えるのです。

この中小企業向けの購入型クラウドファンディング活用法を学ぶことができるのが「中小企業のクラウドファンディング活用法」です。
約2時間の動画で大村さんが基礎から丁寧に説明してくれます。

ちょっとした違いでも、結果に大きな違いが出ることがわかるのではないでしょうか。

万が一、中小企業のクラウドファンディング活用法を一通り見た後に「何の役に立たなかった」と後悔しても問題ありません。
購入後30日間の返金保証がついているからです。

返金してもらうために変な条件などは一切ありません。
購入後30日以内に専用のフォームから返金申請を行うだけでOKです。

>>「中小企業のクラウドファンディング活用法」の詳細はこちら