電子書籍出版の活用法

Webマーケティングと言うと、リスティングやディスプレイ広告、アドネットワーク、SNS広告などを思い浮かべるかもしれません。

しかし、これらのオンライン広告はコストがかかります。
従来のマスコミ向け広告と比べると安く済むとはいえ、広告運用をしっかりと行わないと、費用対効果が悪化したり、赤字に終わることも珍しくありません。

また、検索エンジンなどが高度化・難解になっています。
Webサイトやブログに記事を書いて、ただ被リンクをつけただけでは、上位表示される可能性は低くなりました。

そこで役立つのが、電子書籍出版マーケティングです。
特に利用者数の多いamazonキンドルを活用することでマーケティング効果が高まります。

電子書籍というと印税収入ばかりが注目されがちですが、デジタルマーケティングに電子書籍を活用することで、以下のメリットが得られます。

  • 「著者」「専門家」という肩書きが手に入り、信用力・ブランド力が上がる
  • 商品やサービスから逆算した「集客装置」が作れる
  • レバレッジが効く仕組みが構築できる
  • 非常に大きいAmazonの集客力を活用できる
  • ライバルが少ないため、早く結果が出る

もしかしたら、電子書籍を出すような業種じゃないから関係ない話だと思うかもしれませんね。

しかし、電子書籍から商品・サービス販売につなげたり、リスト取得を行うことで、さまざまな業種でマーケティングとして活用できます。

このamazonキンドルを用いたデジタルマーケティングのノウハウを学べるのが「電子書籍出版の活用法」です。

amazonキンドルで販売されている電子書籍は15,000文字から20,000文字程度と、一般的な書籍の10万文字と比べると少ないです。

ツイッターだと1ツイートあたり最大140文字ですから、100ツイートぐらいの分量で十分といったら、変なプレッシャーもなくなるのではないでしょうか。
ブログでも1記事あたり1,000文字、2,000文字と書くことも珍しくないでしょうから、意外に低いハードルです。

その上で、「電子書籍出版の活用法」では、デジタルマーケティングにつなげていくための具体的な手法を身につけることができます。

「電子書籍出版の活用法」を実践して、1冊だけでなく、何冊もamazonキンドルで出版していく人が多いのも、このハードルの低さと達成感、成果などによる効果が大きいのです。

>>「電子書籍出版の活用法」の詳細はこちら