よし!家族の介護はコレで大丈夫!!

親の介護というのは事前準備が難しいものです。

親が健康なうちは、介護保険の要介護認定を申し込んでも意味がありませんし、ケアマネや介護施設などに相談しても門前払いされるか、介護の一般論を教えてもらえるだけで、実際には役に立ちません。

親が自ら準備をしていたとしても、当事者が要介護者になる頃には認知症が進んでいて、全て忘れていることが一般的です。
日頃から親子で準備を一緒にしているケースでもない限り、子供がまたゼロから準備をし直すことも珍しくありません。

このため、親が介護が必要な状態になってから、何も知らない子供が準備をして対応することになるため、混乱と過ちを繰り返し、ろくな介護ができないまま時間がばかりが過ぎ去る結果になるわけです。

介護施設に入れるのにも高額な費用が必要ですし、自宅介護だと認知症による徘徊や家庭内トラブルなどが続出することも珍しくありません。
家中がクソまみれといった地獄絵図もあちこちで見られます。

垂れ流しで廊下を…認知症の父の「排泄介護」、家族が見た地獄 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン
多くの中高年が直面する「親の介護」問題。老人ホームへの入居に抵抗を持つ人も多く、「親の面倒は子どもが見るべき」と親族一同考えがちだ。しかし、フリーライターの吉田潮氏は、著書『親の介護をしないとダメですか?』(KKベストセラーズ)にて、「私は在宅介護をしません。一切いたしません」と断言する。親孝行か、自己犠牲か。本連載で...

介護福祉士・ケアマネージャーの福士陵介さんは、介護の知識もまったくない素人が親の介護に取り組む際、あなたの負担を可能な限り少なくする必要があると指摘します。

あなた自身も生計を立てるために仕事をしたり、家事や育児などに取り組んでいると思いますが、それらを全て無視して親の介護だけに取り組むのは不可能ですよね。
あなたが健康を害して入院したり、自宅療養をする可能性もあるわけですから、あなたがいなくても介護ができる状況を作り上げておくことが最善です。

もちろん、際限なく費用を費やせるだけの経済的な余裕がある家庭でなければ、ある程度の我慢も必要ですが、ちょっとした介護の知識があれば、同じことでも安く済ませられるようになる場合が多いです。

福士さんは当事者として数多くの知識と実績、経験を持ち合わせているため、このノウハウをまとめた「よし!家族の介護はコレで大丈夫!!」を公開しました。

「よし!家族の介護はコレで大丈夫!!」では、市販の介護に関する書籍とは異なり、具体的にわかりやすく説明しています。

市販の書籍では手薄になりやすい金銭面の話が多いです。
介護サービスは利用する種類や、家庭の所得の状況によっては、費用が減額される可能性がありますが、申請しないと高いままです。

こういった知識の有無で、同じお金でも利用できるサービスに違いがでることが増えてきます。

>>「よし!家族の介護はコレで大丈夫!!」の詳細はこちら