体重増量教科書

ダイエットしたいと思っている人が多いですし、本当に効果があるのかどうかは別としても、ダイエットをするためのメソッドやグッズ、食品などは数多く用意されています。
メタボの人も槍玉に挙げられて、体重や体脂肪率を下げるように「医学的治療」が行われるほどに徹底しています。

その一方で、痩せ気味な人が太るための情報やノウハウ、メソッドなどはダイエットと比べると、非常に見劣りする状況です。

摂食障害の治療の一環として、極度の痩せすぎの人が適度に太るための治療などは行われますが、一般的は、太りたいといっただけでも反感を買われることが多いですよね。

「嫌味でもいっているのか」と怒り出す人もいますし、「今のままでいいだろうに」などと相手にされないことも珍しくありません。

あなたも「運動せずに、とにかく食べればいい」などと、アドバイスでもないようなことを言われた経験もあるのではないでしょうか?

宮城県在住の伊藤匠真さんは、高1で164cm・48kgとガリガリで、見た目も弱々しく、周りの人々から小馬鹿にされ続けてきたといいます。

それにも関わらず、伊藤さんは高校入学後にラグビー部に入ってしまい、体重を増やそうと努力しても、激しい運動で逆に痩せてしまうという悪循環に陥ったそうです。

しかし、夏休みに中学時代の同級生と出会い、アドバイスを受けたことで体重が増えるようになり、短期間で169cm・66kgまで成長できたといいます。

このときの経験をもとに作成したマニュアルが「体重増量教科書」です。

これまで3ヶ月間、自己流の体重増加法に取り組んだ挙げ句、全く何の成果も得られなかった人が、体重増量教科書に書かれた方法を実践した結果、1ヶ月で体重が8kg増えたという事例もあります。

これだけ、体重を増やすための正しい知識を持っているかどうかの差が非常に大きいということがわかると思います。

体重増量教科書では、LINEによるサポートが付いてきます。
回数・期間無制限で質問や相談ができるため、困ったことがあれば、気軽に利用するといいのではないでしょうか?

>>「体重増量教科書」の詳細はこちら