Withコロナ時代の店舗のWebマーケティング

新型コロナの影響を受ける状況が続いています。
短期間でマンボーやら緊急事態やら、目まぐるしく規制が変わるため、すでにウンザリしているのではないでしょうか?

その一方、政府や自治体などに財政的な余裕がなくなりつつあるため、補償などは日を追うごとにケチ臭くなっています。
飲食店以外は補償も皆無に近いため、持続化給付金を大盤振る舞いしていた頃が夢のように感じられる人も多いのではないでしょうか?

また、飲食店でも入金が遅すぎる、金額が少なすぎるなどといったトラブルが絶えないため、全て無視して通常営業をする店舗も増えていますし、金融機関経由で店舗を脅迫するといった問題発言も出る始末です。

空いた口が塞がらなかったのではないでしょうか?

このように理不尽な目にあっている個人事業主や店舗、企業などがある一方、この1年間で過去最高の売上を上げたケースもあります。

  • 2020年に過去最高益を達成した整体院
  • 一時期、売上0に落ち込むものの、現在は月商100万円アップした学習塾
  • ネット通販に参入して大成功したインテリアメーカー
  • 実店舗で廃業に追い込まれた後、広告費ゼロで売上1,800万円を叩き出した美容スクール

これらの成功例は、店舗型ビジネスに特化したWebマーケティングを実践したのが理由です。
具体的には、以下の3ステップを取り組みます。

  • お客さんが欲しい物を作る
  • 商品・サービスの価値がわかる人を集める
  • その価値を伝えて、お客さんに買ってもらう

この手法を3時間の動画で解説したのが「Withコロナ時代の店舗のWebマーケティング」です。

今までの常識だと、店に来てもらわないと無理だという先入観があることも珍しくありません。

例えば、床屋や美容室などは「髪の毛を切りに人が来ないと儲からない」と考えがちですが、セルフカットができるバリカンの売上が上がっていることを考えると、新型コロナが収束した後も今まで通りに客足が戻るとは考えにくい状況です。

そこで、一見すると不可能だと思われる業種でも、店舗型ビジネスをオンライン対応することができるといったら驚くのではないでしょうか?

実際に、業種によっては成功例が徐々に増えているため、出遅れたところが猿真似するケースも増えています。

しかし、表面的に真似をしただけでは、全体的にうまくいかず、どこかで失敗してしまうことも多いです。
「Withコロナ時代の店舗のWebマーケティング」の手法で、ビジネスの全体像を作り込むことにより、ライバルがいても強い状況を作り出せるようになります。

>>「Withコロナ時代の店舗のWebマーケティング」の詳細はこちら