マーケットの魔術師奥村尚のトワイライトゾーン

マーケットの魔術師奥村尚のトワイライトゾーンは不定期で募集を行っているため、あなたが申し込もうと思ったタイミングでは販売停止になっているかもしれません。
しばらく時間がたって、募集が再開されてから、再び申し込むといいでしょう。

奥村尚のトワイライトゾーンはFXを対象としており、15分足チャートを用いてトレードを行います。

上記のインジケータの中で、赤いラインと青いラインの間に挟まれた「トワイライトゾーン」を用いてトレードします。

具体的には、

  • 赤いラインを上抜けた時にロングでエントリー
  • 青いラインを下抜けた時にショートでエントリー

と、レンジブレイクでエントリーするというイメージです。

このトワイライトゾーンを用いることで、トレードがシンプルでわかりやすくなりました。

ボリンジャーバンドや移動平均線などを用いた一般的なレンジブレイクであれば、ダマシも多く、ブレイクアウトはうまくいかないことが多いですが、トワイライトゾーンだとトレードチャンスが多い上、平均勝率62%という成績を残しています。

リスクリワードも考慮されたトレードを行うため、トレード勝率の割には獲得利益が多くなりやすい傾向が見られます。

エントリー後、リミットとストップを決めてOCO注文をしておけば、放ったらかしにできるので手間もかかりません。
1回のトレードあたり、10~50pipsの利益、10pips以内の損失というケースが多いです。(通貨ペアやボラティリティなどによって変わります)

裁量幅も広いため、上手くトレードを行うことで、獲得利益を更に増やしていくことも可能です。
ポジションの保有期間は長くても2時間以内と短く、短時間でサクサクとトレードすることができるのも魅力的です。

なお、マーケットの魔術師奥村尚のトワイライトゾーンを使ってトレードをする際にはパソコンが必要です。

事前にMT4にインジケータをセットする必要がありますが、スマホ向けのMT4だと正しくセッティングができないためです。

また、トレードチャンスは通貨ペアあたり1日1回~3回程度と少なめです。
トレードチャンスを増やすために、複数の通貨ペアを監視したほうがいいでしょう。

マーケットの魔術師奥村尚のトワイライトゾーンのインジケータにはアラート通知機能が搭載されているため、常時、チャートを監視する必要はありません。
アラートが出てからチェックすれば十分です。

>>「マーケットの魔術師奥村尚のトワイライトゾーン」の詳細はこちら