節税&資産構築マニュアル

副業を推奨する企業が増えてきましたが、年間20万円以上の収入がある場合はアルバイト先が源泉徴収だったとしても確定申告が必要です。
年末調整だけでは済ませられません。

もちろん、あなた自身がネットビジネスや個人ビジネスなどで稼いだ金額が年間20万円を超えた場合には、当然ながら確定申告が必要です。

何もしないで放置しておくと、いずれは税務署からの税務調査が行われて、無申告・申告漏れ分が追徴課税されるという流れになります。
普通に税金を支払うよりも多額になるため、後悔しても手遅れです。

このため、副業やアルバイトで年間20万円以上稼いだ人は確定申告をする必要がありますが、税金を支払わないといけないというデメリットだけがあるわけではありません。

場合によっては、本業で源泉徴収された税金が返ってくる場合もありますし、何もしない場合と比べて合法的に節税することも可能です。

そのためには、手続きをしっかりと行い、間違えないように確定申告することが求められます。

あなた自身で難しいというのであれば、専門家である税理士に依頼しても構いませんが、税理士に確定申告を全て依頼すると10万円前後の費用がかかることが多いです。

「10万円を支払って、それ以上の節税が見込めるのであれば、損はない」という考え方もありますが、その10万円前後の費用を支払って税理士が行う作業を、あなた自身が簡単にできることがわかれば、バカバカしく感じませんか?

そこで役立つのが「節税&資産構築マニュアル」です。
節税&資産構築マニュアルは、税理士・公認会計士の市ノ澤翔さんが監修しています。

正しい税の知識を身につけて、しっかりと確定申告を済ませることで、税務調査などに怯えることなく過ごせるようになります。

節税&資産構築マニュアルでは、合法的な節税策も紹介しています。
不十分な情報に騙されて、自分では節税と思っていたものが、実は脱税だったといったトラブルに巻き込まれる心配もなくなります。

>>「節税&資産構築マニュアル」の詳細はこちら