吃音改善プログラム

吃音症・吃音・どもりに悩まされていませんか?

かつては「家庭環境に問題がある」「精神安定剤を飲んで発声練習を繰り返していれば解消できる」と言われており、延々と発声練習を行うだけの治療施設が各地にありました。
しかし、研究が進むに従って全否定されたことで、この手の施設は殆ど消えてなくなっています。

現在は、行動認知療法や言語指導が中心となっており、言語聴覚士が中心となって治療を行うことが一般的です。

一方、高校で国語を教えているという吃音改善プログラムコーチの井坂京子さんは、この厄介な吃音を1日9分の自宅トレーニングで35日以内に解消することは可能だといいます。

もちろん、井坂さんが勝手にでたらめなことを言っているだけではありません。

井坂さん自身が吃音で長年に渡って苦しんできたと言う過去があり、このトレーニングを自らを実験台として行うことで吃音を解消しました。
さらには、井坂さんが提唱する手法「吃音改善プログラム」を実践した3,000名以上の人が吃音症を改善した実績があります。

吃音改善プログラムでは、小学生でも簡単にできる1回9分のトレーニングを1日2回行うだけです。
ストレスなく簡単に実践できますし、いつでもどこでも実践できます。

なお、10歳以下のお子さんが吃音に悩んでいる場合には、自らトレーニングを行うことが難しいため、周りの大人が吃音を改善するための環境を整えていくことが中心となります。

>>「吃音改善プログラム」の詳細はこちら