売れるランディングページの作り方

ランディングページ」(基本的には縦長で1ページで完結するホームページのこと:セールスレター、キラーページなどとも呼ばれる)は、さまざまな商品販売やサービス紹介、オファーなどで見るようになりました。

従来は情報商材を中心に使われていたことから、「ランディングページは胡散臭い・詐欺」などといった先入観がありましたが、成約率や反応率の高さと、ネット販売との相性の良さが評価されて、現在では数多く見られるようになっています。

インターネット上に公開しておけば、無人で24時間いつでもビジネスが行えるわけですから、営業員を雇って新規開拓を行なうよりも効率的に売上アップにつながるわけです。

ランディングページを集めたサイトもありますが、幅広い業種でのビジネス展開に使われていることがわかるのではないでしょうか?

ランディングページ(LP)集めました。
コンバージョン率の高いランディングページ(LP)を作る事は、WEBデザイナーの使命。ランディングページを作るWEBデザイナーのためのランディングページリンク集です。

しかし、ランディングページさえ作成できれば、すぐに商品が売れたり、サービス申し込みが増えるというわけではありません。

ランディングページに誘導するためのルート作りも必要ですし、ランディングページの内容に問題があれば、訪問者が途中で離脱してしまい、期待したほどの成果(反応率・成約率など)が得られません。

どれだけ見た目が良くて美しいランディングページでも、ユーザー心理を無視した押し付けでは、離脱率が高まるだけです。

逆に言えば、ユーザー心理を最優先に、成約率・反応率の高いランディングページを作成できれば、インターネット広告で広告費を支払っても、それ以上の成果が得られるのです。

ランディングページを最適化することで、成約率が10倍、20倍と変わることも珍しくありません。

このユーザー心理に基づいたランディングページの作成方法を学べるのが「売れるランディングページの作り方」です。

売れるランディングページを作成するために必要なのは、Webデザインではなく、Webマーケティングのスキルです。
ランディングページで過去13年間で累計100億円以上を売り上げてきた実績を持つ「Catch the Web」グループの創設者である横山直宏さんが3時間の動画で詳しく説明しています。

今なら、「売れるランディングページの作り方」に以下の購入者特典がついてきます。

  • 売れるコピーライティング講座
  • 時間がない人でも講座の中身を何度でも学習できるレバレッジメモ
  • 講座で学んだ内容をすぐに実践できるワークシート

>>「売れるランディングページの作り方」の詳細はこちら