今知っておかないと後悔する歯を失わないための知識

「8020運動」などと言われていますが、実際に80歳になって残っている歯は7本しか無いというのが実情です。
その他の歯は、自然に抜け落ちてしまうか、虫歯や歯周病、入れ歯にするために抜歯するなどして失われています。

一方、社会福祉が充実しているスウェーデンでは80歳の時に平均20本というのは理解できるとしても、公的健康保険制度がほとんど整備されていないアメリカでも平均17本が残っているといったら驚くのではないでしょうか?

日本人の歯の失う本数が異常に多いことがわかります。
この原因として、神戸市在住の栗山湧大さんは以下の2点をあげています。

  • 歯についての正しい知識
  • 歯を守るための意識

歯を守るために毎日何度も歯磨きをしているという人は多いですが、歯についての正しい知識がないために、80歳のときに7本しか残っていないというのが現実なのです。
歯についての正しい知識、歯を守るという高い意識がなければ、どんなにあなたが毎日歯磨きを一生懸命おこなっていても、高い確率で多くの歯を失うことになるでしょう。

そこで役立つのが「今知っておかないと後悔する歯を失わないための知識」です。
以下のことが学べます。

  • 知っておかないと後悔する歯の知識
  • 今のままの生活では高確率で歯を失います
  • 年代別残存歯数
  • 歯を失う原因
  • 歯周病のメカニズム
  • 歯周病セルフチェック
  • 進行度別歯周病対処法
  • 歯を抜いた後の選択肢
  • 歯を失わないために

「今知っておかないと後悔する歯を失わないための知識」で学ぶことにより、以下のような未来がやってきます。

  • 80歳になっても20本以上の歯を保てるようになります
  • 年をとっても好きなものを食べることができます
  • 口臭が改善されます
  • 朝起きた時に口が爽やかになります
  • 綺麗な歯を保てポジティブになることができます
  • 食事中の歯の痛みなどの悩みがなくなります
  • 糖尿病などの全身疾患のリスクが下がります

あなたも健康的な歯を維持したくありませんか?
「今知っておかないと後悔する歯を失わないための知識」があれば、目標に一気に近づけます。

>>「今知っておかないと後悔する歯を失わないための知識」の詳細はこちら