あなたにもできる!住宅値引き・新築住宅価格交渉

新築住宅を建てるにあたって、見積書に書かれている価格が本当に適正価格であるか、あなたは判断することができますか?

あなたが不動産会社に勤めていたり、大工などが知り合いにいれば、適正価格かどうかを判断できると思いますが、まず無いと思います。
セカンドオピニオンと称してアドバイスを行なう建築士などもいますが、過去の実績も不明瞭で、どこまで頼りになるのかは不透明です。

このため、ほとんどの人は、不動産営業のいわれるががままと言う状態です。

何でもかんでも文句をつけて、無理に費用を抑えようとする人もいますが、まともな新築住宅ができずにトラブル続きというケースも少なくありません。

Web住宅情報センター管理人の岡島敬治さんは、住宅新築・住宅リフォーム業界のプロとして、現状の不動産業者が圧倒的に有利な状況を改善するために活動しています。

安かろう悪かろうになっては意味がないため、「低価格で高品質な住宅を建てるためのポイントを知っておくことが重要」だと岡島さんは指摘します。

その中でも最も重要なポイントとして岡島さんが指摘しているのが「契約前の営業マンとのやりとり」です。
あなたとの最初で唯一の接点であり、価格交渉のスタート地点だからです。

スタートで躓いてしまっては、後々、逆転するのは難しくなっていきます。
建築が始まってからの変更などは、なおさら困難ですし、追加費用を請求されることも珍しくないため、割高になってしまうケースも多いです。

そこで、岡島さんが具同産営業と値引き交渉や価格交渉をするにあたって、何をすればいいのかをまとめたマニュアル「あなたにもできる!住宅値引き・新築住宅価格交渉」を作成しました。

住宅や不動産、建築などに対して全くの素人でも、スムーズに身に付けられるように、以下の流れで学習を進めていきます。

  • 住宅業界の現状を把握
  • 家造り、新築・リフォームに失敗する方法を反面教師として学ぶ
  • 価格交渉の根拠となる見積書の種類と見方を学ぶ
  • 住宅を建てる地域の工事項目ごとの建築物価を知る
  • 値引き・価格交渉の具体的な実行しやすいノウハウを学ぶ
  • 住宅営業の実態を把握する
  • 住宅営業の言葉の真偽(嘘・デタラメ・自信が無い・適当)を見破る
  • あなた主導で交渉をまとめていく

詰将棋のように「不動産会社が得をする行動」を潰していくことで、低価格で良質な住宅を建てることができるのです。

>>「あなたにもできる!住宅値引き・新築住宅価格交渉」の詳細はこちら