面接の際の質問に的確に回答する方法

大抵の企業では、採用者を決めるための手順の一部に、面接があります。面接は就職活動の山場の一つであり、面接に無事成功すれば、採用が見えてきます。採用面接では、最初のあいさつや、自己紹介なども大事ですが、担当者との質疑応答をどうクリアするかが大事です。質問をされたら、相手が聞きたいと思っていることを適切に答えるようにしましょう。まず質問の内容を確実に聞き取ることが大切です。当然のことかもしれませんが、面接の場で緊張していると、案外と聞き漏らしてしまいがちです。どんな質問をされたのか十分に理解できずに、何となくで話を続けていると、打っても響かない人物だと思われることもあります。誰でも面接試験の際は緊張するものですが、質問の内容が聞き取れなかった場合には、聞き直す勇気も必要です。面接が上手くいかなかった例として挙げられるものが、聞かれたことに十全に答えようとしてくだくだしい答え方になることです。質問内容に対して、コンパクトな答えができるようにしておきましょう。時間的には、1分くらいの回答にします。話している間の時間を知るのは難しいですが、事前に時計を見ながら練習しておけば、どれぐらい話せば1分程度になるのか把握できるようになります。採用面接でよく出る質問や、テンプレートの回答内容などがまとめてある本も売り出されていますので、事前に準備を済ませておくことで、面接試験が受けやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする