就職の面接での質問の回答のポイント

就職活動の面接時に必ず聞かれる質問はある程度予測がつくので、事前の準備をしておきましょう。聞かれた質問に、どんな方針で返答をするかが頭の中でまとまっていれば、話す時も必要以上に慌てることはありません。しかし、面接によっては、思いがけない質問をしてくるような会社も、少なくはないといいます。といわゆる圧迫面接に相当する質問をされた時にはどう対処するかも、イメージしておくといいでしょう。採用担当者は、敢えて回答に窮するような難しい質問をすることによって、素の姿を見たいという目的があるのです。決まりきった質問をしていたのでは、返ってくる回答にも差が無くなり、応募した人の違いを見つけることが出来ないのです。面接の質問でもし回答に困った場合には、どのように対応したら良いかというと、正直になるという事です。中途半端に誤魔化しながら面接を答えていると、底の浅さが露呈して、お断りの答えをもらうばかりになってしまいます。回答につまってしまったら、答えられないと隠さずに答えたほうが、まだしもマシな反応が得られます。もしも圧迫面接をされているなら、意地を張って反抗的な答え方をしていると、評価は下がってしまいます。選考基準として重要視されているのは、質問に対して確実な回答を得られるかどうかという点です。面接では緊張していますが、何を聞いているのかしっかり質問内容を把握して、的を得た回答をする事が採用されるポイントでもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする