デイズリッチ2020

「沖縄移住投資家」山本和彦さんは、ナイトセッション向けに「ナイツ2020」を発売していますが、日中取引向けに新たに「デイズリッチ2020」を発売しました。

https://www.info–review.com/6349

デイズリッチ2020の使い方は、ナイツ2020と同じです。

「データ自動取得」ボタンをクリックして最新のデータを自動的に取得した後、「サイン生成」をクリックして内部ロジックに従って表示されたサインに従ってトレードするだけです。

デイズリッチ2020のロジックはブラックボックスとなっているので、具体的な内容はわかりません。
日経225先物の日中取引・ナイトセッションの4本値をアルゴリズムを用いて解析し、確率統計論に基づいてロジックを完成させています。

デイズリッチ2020は、日中取引の寄り付きでエントリーし、同じ日の日中取引の大引けで決済するだけという分かりやすい流れになっています。

新たに「利益確定・損切り」の値も表示されるようになりました。
大引けまでに、それらの値に到達した場合には、利益確定・損切りをしても構いません。

損切りのみを指定された値で行い、利益確定はトレール機能で利益が伸びるように狙うなど、あなたの裁量で判断してもいいでしょう。

デイズリッチ2020の過去のトレード結果は以下のようになります。

2013年:1,909万円
2014年:1,244万円
2015年:1,925万円
2016年:2,281万円
2017年:1,240万円
2018年:1,821万円
2019年:850万円
2020年1月:68万円
2020年2月:55万円
2020年3月:98万円
2020年4月:264万円
2020年5月:88万円
2020年6月:89万円
(いずれもラージ1枚の単利運用、手数料は除く)

サイン出現率は100%、トレード勝率は75.1%、プロフィットファクターは3.73という結果です。
非常に優秀な寄り引けシステムであることがわかるのではないでしょうか?

単純計算では、月平均134万1,700円の利益(ラージ1枚、手数料除く)が得られたことになります。

日経225先物がはじめてという人でも、デイズリッチ2020をスムーズに始められるように、わかりやすいマニュアルが用意されています。
わからないことがあれば、1年間のメールサポート(回数無制限)が用意されており、気軽に相談できます。

なお、デイズリッチ2020はWindowsソフトのため、Macパソコンやスマホなどでは動きません。

>>「デイズリッチ2020」の詳細はこちら