転職活動での面接で心掛けるべきマナー

転職活動をする中で、面接は避けては通れない試験となっています。社会人として当然のように守っておくべきマナーがありますが、言葉遣いや、話し方も、マナーといえます。面接の場では、どのような質問をされるのかを事前に予想しておいて、質問の答えを用意しておくことが攻略のコツです。準備しているのとしていないのでは、面接時の心の余裕に差が出てくるので、対策をしておくことをおすすめします。転職のための面接で、相手にいい印象を持ってもらいたいと思うなら、決めておいた事柄を一方的に話すだけではよくありません。基本は会話の流れを受けて話ができるようにすることや、ビジネスマナーを守り、相手に向けて話すという前提を守ることです。転職活動での面接では、様々な質問を投げ掛けられた時に的を外れた内容を言う事は避けるようにしましょう。プラスの評価をしてもらうためには、自分を売り込みたいと思うあまり、押しつけがましくならないことです。一回の質問に対しては、30秒から1分程度の回答になるように心がけて、話す内容を調整することです。やる気を持ちながら、はっきりとした答えをアピールする際、具体例を交えながら回答する事で好印象を与えます。質問に対して答えた時に、より詳しい説明を求めてくる試験管もいます。どういう聞かれ方をしてもいいように、事前に面接のシミュレーションをしておきましょう。緊張でがちがちになりながら面接を受けるのではなく、採用担当者と談笑できるくらいの話し方ができれば、いい印象を得てもらえるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする