就職活動時の適性検査の結果について

就職活動の前に適性検査をすると思いますが、それで全てが決まるわけではありません。適性検査にはいろいろ種類があり、その中でも適職診断と呼ばれている職種に対する適性を見る検査があります。適性検査を受けることで、今まで気づかなかった自分の特性がわかりますが、あくまで参考にするものです。仕事の内容によっては、適性検査の結果でカバーしきれないものがあるということは、理解しておく必要があります。納得のいく就職活動をするためにも、適性検査の結果を重視しすぎずに、情報の重要性は自分の判断で取捨選択しましょう。適性検査がどうこうというのではなく、適性検査の結果に引きずられてしまう人は気をつけなければなりません。参考程度なら、もちろん全く問題はありませんが、就職活動の範囲を自ら狭めてしまってはいけません。自分にはこういう面もあるのかも、自分はこういうのも合っているのかもと、結果を頭の隅に置いておくくらいなら良いでしょう。今まで検討したことがなかった可能性が提示された、くらいのスタンスでいたほうが扱いやすい情報です。せっかくの機会や可能性があっても、適性検査を重視するあまり自分の才能に見切りをつけていたら、もったいない話です。就職活動をしている時は、自分の可能性が広がっている事を前提に行動したほうが、結果的にうまくいくこともあります。適性検査の結果は大事かも知れませんが、結果がすべてだと思わないようして、自分にはそれ以上の可能性があるということを頭に入れておくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする