14日間集中!糖尿病改善プログラム

「1型糖尿病」と比べると努力次第で治療が簡単に行えるなどと言われがちな「2型糖尿病」ですが、なかなか良くならないケースが多いです。

医師の指示通りに、毎日、1万歩以上歩き続けても良くならない、食事制限・カロリー制限をしても糖尿病が改善しないといったケースが珍しくありません。
糖質制限をすると血糖値が下がるのは当然ですが、中長期的には体にダメージを与えるリスクが高い方法だと日本糖尿病学会でも指摘しています。

かといって、糖尿病を放置していると、合併症を発症して深刻な状態に陥る恐れが高まるために注意が必要です。

最近では、糖尿病を抱えた状態で新型コロナに感染すると重篤化しやすくなるといったリスクも指摘されています。
糖尿病をかかえていた力士が新型コロナに感染して死亡したケースなど、いくつも報告されています。

静岡県藤枝市にあるCell栄養研究所・社団法人ホルモンバランス研究所の続木和子所長は、糖尿病は体全体の代謝異常が原因だと指摘します。
このため、体内に存在する60兆個の細胞が調和のとれた働きをするようになれば、2型糖尿病は完治できると断言します。

一見すると、非現実的で宗教的な言葉のように感じるかもしれませんが、続木さんは「簡単なステップを積み重ねることで、数日で血糖値を下げることは可能」だと言います。

この続木さんが提唱する糖尿病対策法をまとめたのが「14日間集中!糖尿病改善プログラム」というマニュアルです。
「14日間集中!糖尿病改善プログラム」は、14日間かけて、以下のことを学んでいきます。

  • 2型糖尿病、妊産婦糖尿病は、どうして起きるの?
  • カロリー計算をしても、糖尿病が治らない理由は?
  • インスリン注射をすればするほど食欲が進み、更に・・・
  • 運動をし過ぎると・・・
  • 合併症の起こる原因は?
  • 食べることを楽しみながら血糖値もA1cも下がる方法は?
  • 合併症を悪化させる食事
  • 糖尿病を改善する食事
  • 糖尿病を改善する生活

「14日間集中!糖尿病改善プログラム」のなかで分からないことがあれば、60日間の個別メールサポートで解決できます。
続木さんが個別回答してくれます。

また、「美味しく食べて治す」というコンセプトで考案された「糖尿病改善のためのお料理レシピ」を80種類も用意しています。
カロリー制限や糖質制限などといった具合に、規制が多い食事だと味気ない上にストレスがたまることで、糖尿病の症状がさらに悪化しがちです。

簡単な調理で作れるものばかりですし、有機野菜などを取り寄せなくても、近所のスーパーなどで手軽に買える食材で作れるメニューばかりです。

>>「14日間集中!糖尿病改善プログラム」の詳細はこちら