Mebius

Mebius相場の転換点をリアルタイムで見つけるのに役立つインジケーターです。
MT4で表示できるものであれば、FX、先物、バイナリーなど幅広く使えます。

Mebiusは、「メビウスの帯」のように、複数のラインの帯がねじれを繰り返し、このねじれが相場の転換点を指し示します。

Mebiusは、上下2つのウインドウから構成されます。

上部のウインドウではローソク足と移動平均線が表示されます。

移動平均線は、相場転換を判断するのに重要ものを実線、それ以外を補足線で示しています。
上昇時は青色、下落時は赤色と変化します。

下部のウインドウで独自の「Mebius」インジケータを表示しています。
GMMAをベースとしており、短期線・中期線・長期線で色分けしているために見やすくなっています。

中期線が長期線の上にあれば上昇相場、下にあれば下落相場という意味合いです。

なお、Mebiusでは、シグナルなどは一切表示されません。
あくまでも裁量判断をサポートするためのツールです。

Mebiusを用いてエントリーや決済を判断する場合の手法としては、以下の5種類が目安になります。

  • Mebius曲線帯の「ねじれ」の頂点・底でのエントリー
  • 上限域・下限域からの急反転でのエントリー
  • ねじれの交差ポイントでエントリー
  • ねじれ後の押し目・戻り目でのエントリー
  • 再上昇・再下落によるブレイクアウトを捉えるエントリー

Mebius付属の解説動画(2時間)でエントリーチャンスの把握の仕方を学びます。

バイナリーオプションであればエントリー判断のみで十分ですし、FXや先物、株式などであればストップ・リミットと固定でトレードするか、トレーディングストップを併用するといいでしょう。
次の転換点で決済するスイングトレードでも構いません。

>>「Mebius」の詳細はこちら