ナイツ2020

ナイツ2020」は、沖縄移住投資家の山本和彦さんが、定期的に公開している日経225先物向けのシグナルツールです。

ナイツ2020は夜間取引(ナイトセッション)に着目した寄成システムトレードツールです。
夜間取引の寄り付き(16:30)にエントリーし、翌営業日の日中取引の寄り付き(8:45)に決済します。

ナイツ2020のロジックは非公開ですが、2013年1月~2019年6月までの過去6年半の値動きパターンと直近23日間のMACDとストキャスティックをアルゴリズム解析することで売買を決めています。
取引日ごとに最新のデータを取得することで、ロジックの陳腐化を防いでいます。

ナイツ2020の操作方法は簡単です。
Windowsパソコンにナイツ2020をインストールします。

平日の15時以降にナイツ2020を起動して、【データ自動取得】ボタンをクリックして最新のデータを取得した後、【サイン生成】ボタンをクリックしてサインを表示するだけです。

15時以降に作業を行う必要があるのは、日経平均株価の日中4本値をもとにしてサインが決まるためです。
終値が決まらないとサインは出ません。

サインが決まれば、その指示に従って証券会社に売買注文を出すだけです。
ナイツ2020には自動売買機能はありません。

山本さんが開発したトレードツールを使っていれば、他のものと同じ操作性ですから、ナイツ2020でも迷うことはないでしょう。

ナイツ2020は、運用成績も好調です。
バックテストの結果では、以下のように優秀な結果を残しています。

2013年:1418万円の利益
2014年:1551万円の利益
2015年:1439万円の利益
2016年:1277万円の利益
2017年:1031万円の利益
2018年:2015万円の利益
2019年:970万円の利益(7月以降はフォワードテスト)
いずれもラージ1枚での取引結果、取引手数料は除く

ロスカットや利益確定はしていない条件で、ナイツ2020の月間勝率は97.1%という結果です。

ナイツ2020には、バックテストの結果を確認できるEXcelシートが添付しています。
このExcelシートでは、ストップ・リミットの値を入力することで、損益シミュレーションが行えるようになっています。

ナイツ2020では、最後までポジションを持ち続けるのが基本方針ですが、ストップ/リミットを設定することで運用成績を向上できる場合が少なくありません。
いろいろとシミュレーションを行うといいでしょう。

>>「ナイツ2020」の詳細はこちら