まったくのゼロから、副業レベルで90日で月30万円は儲かる「現実的」な方法

古物商といえば、傍目には、骨董品を売買したり、問屋などでブランド品を買い取るといったイメージではないでしょうか?

古物市場で仕入れた商品を高値で売りつけたり、遺品整理などで安く買い叩いた商品を高値で売りつける光景を思い浮かべたかもしれません。

いわゆる「せどり」をするためには古物商免許が必要という情報も知られるようになりましたが、買取をしない限りは古物商免許は不要だとか、新品を小売店から仕入れる場合でも古物商免許が必要などといった誤解も少なくありません。

古物商の細矢ますゆきさんは、「古物市場にいけば、その日のうちに現金を手にすることは可能」だと指摘しますが、これだけだと具体的にイメージできないですよね。

古物市場で仕入れた商品を
別の人に売って
転売益を手にする

といったところではないでしょうか。

しかし、いつ売れるかどうかもわからない商品を仕入れても、その日のうちに現金化できる可能性は低いです。

あなたも、せどりなどの経験があれば、不良在庫を抱えたり、原価割れで売却する「損切り」をしたことがあるかもしれません。

一方で、細矢さんは古物商のスキルを最大限活かすことで、仕入れた当日から数日以内には売却して現金化することに成功しています。
もちろん、損切りなどではなく、仕入れ値の何倍もの利益を得る場合も珍しくありません。

この古物商のノウハウを生かして、短期間で大きく稼ぐための具体的な方法が学べる動画セミナーを細矢さんが作成しました。
それが、「まったくのゼロから、副業レベルで90日で月30万円は儲かる「現実的」な方法」です。

「まったくのゼロから、副業レベルで90日で月30万円は儲かる「現実的」な方法」は、細矢さんが教える「古物市場を活用した方法」のほかに、「企業間取引で中長期にわたって安定的に稼ぎ続ける手法」を、(株)レオン代表取締役の関俊一さんが教えてくれます。

古物市場などに仕入れに行かなくても、電話1本で数万円の転売益をやすやすと得ているという関さんの手法も知っておいて損はありません。
企業相手の取引というと難しいように感じるかもしれませんが、ポイントさえ掴んでしまえば、意外に簡単に取り組めます。

「まったくのゼロから、副業レベルで90日で月30万円は儲かる「現実的」な方法」で、一瞬で儲けを生み出していく「スピード」と、一度でも取引をすればその利益が積み重なっていく「安定収入」のダブルのスキルを身につけられます。

>>「まったくのゼロから、副業レベルで90日で月30万円は儲かる「現実的」な方法」の詳細はこちら