FXで勝つための取って置きの手法 トレンド転換編

FXだけに限った話ではありませんが、レンジやもみ合いなどをはさみながら、トレンドは上がったり下がったりを繰り返していきます。
この「相場の転換点」を狙ってトレードすることで、トレンドの初動を狙えますし、あなたも狙っているのではないでしょうか?

しかし、転換点だと思っていたのにも関わらず、実際はダマシだったというケースは珍しくありません。

テクニカル指標やチャートパターンなどから推定して、ここが相場の転換点だと思ってエントリーしても、実際にはダマシだったために、損切りした経験があるかもしれません。

FXトレーダーの今田雅雄さんは、「トレンド転換のサイン」を見つけることで、その後に起きるトレンドの発生を高い精度で見極めることができると指摘します。

あたかもシステムトレードのように、決められた手順で調べるだけで「トレンド転換のサイン」かどうかを確認できるため、だれでも同じように判断することができます。

このトレード手法をまとめたのが「FXで勝つための取って置きの手法 トレンド転換編」です。

短時間足だとノイズが大きく、正確に判断することが難しいことから、「FXで勝つための取って置きの手法 トレンド転換編」では、15分足以上で使えるとしながらも、推奨しているのは1時間足・4時間足です。

1分足や5分足などを使った短期スイングトレードには不向きです。
それなりの時間をかけて取り組むスイングトレードになります。

1回のトレードで100pips超えの利益が狙えますし、複数の通貨ペアでトレードすることにより、トレードチャンスを増やすこともできます。

損益比率は平均1対2で、トレード勝率は70%以上が狙えます。

「FXで勝つための取って置きの手法 トレンド転換編」では、エントリー後はリミットとストップを入れて放置するため、エントリーだけ気をつければ十分です。
必要に応じてトレーディングストップを入れることで、獲得利益を増やしやすくなるでしょう。

>>「FXで勝つための取って置きの手法 トレンド転換編」の詳細はこちら