クレジットカードの申込み時に行われる審査について

新しくクレジットカードをつくるためには、カード会社の審査を通過する必要があります。新規でクレジットカードを発行する時には、どの金融機関を利用する時であっても、審査を受けることになります。生まれて初めて自分のクレジットカードを持つための審査を受けるとなれば、大きなことです。クレジットカード会社は一体どのような点を重視して、申込み時の審査を行い、合否の判定を下しているのでしょうか。まず最初にチェックされるのは、申込書に必要な情報が確実に埋められているか否かという点です。クレジットカード会社が審査を行う時は、色々なことについて照会を行い、問題がないかを調べます。書類にいいかげんなことしか書いていない時は、カード会社も信頼してカードを使ってもらえる相手とは見なしません。作成した書類をクレジットカード会社に渡す前に、もう一度内容をチェックしてください。過去にキャッシングやローンを使った時に、延滞などをしていないかは、審査では重視されます。これまでローンやキャッシングを使った時に、返済が期日通りにできているかは、信用情報会社にデータ管理されています。信用情報機関に照会した際に何らかの返済トラブルの記録が残っていた場合には、審査に通ることはほとんどありません。発行までにかかる期間の短さを売りとしているクレジットカードは、信用機関への問い合わせで問題が無いと判断された時点で、カード発行の手続きへと移るケースもあります。クレジットカードをスムーズに発行してもらえるように、キャッシングやローンを組む時の返済はきちんと行っておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする