自費治療院のWEB集客のはじめ方 症状LPオンラインスクール

インターネット集客がうまくできずに悩んでいる治療院の先生は少なくありません。
あなたも苦労しているのではないでしょうか?

インターネット集客は、リクルートのホットペッパービューティーが独占状態に近い状況ですが、脱法クイックマッサージやリラクサロンなどと同じように並ぶため、どうしても割高に見えてしまう上に、掲載費用が高いので、ある程度の利用者が期待できないと利用するのをためらうかもしれません。

その他に、ホームページを作成したり、YouTubeが効果的だと言われたら動画を作成しても全く役に立たなかったのではないでしょうか?
リスティング広告、アド広告、SNS広告などを出しても、出費がかさむだけで、全くリターンが得られなかったかもしれません。

元競輪選手で合同会社ライブテラスグループ代表の渡部晃久さんは、症状別にランディングページを作成することでインターネット集客がしやすくなると指摘します。

しかし、どのようにランディングページを作成すればいいのか、まったく見当もつかないかもしれません。

他の人の作成したホームページを丸パクリするのは論外ですし、パクリコンテンツは検索エンジンからの評価も低くなるため、やめたほうがいいでしょう。

渡部さんは、以下の2つのポイントを抑えた「症状別ランディングページ」を作成すれば、素人でも無理なくインターネット集客ができると言います。

  • ネット集客するためのルール
  • WEBツール(Wordpress)の使い方

ワードプレスであれば、アメーバブログを作成する感覚で症状別ランディングページが作成できますので、ホームページの作り方を知らなくても問題ありません。

あとは、インターネット集客に不可欠なルールや知識を身につけて、症状別ランディングページに反映していくだけです。

この症状別ランディングページを作成するために必要なインターネット集客のルールやWordpressの使い方を学ぶことができるのが、「自費治療院のWEB集客のはじめ方 症状LPオンラインスクール」です。

「自費治療院のWEB集客のはじめ方 症状LPオンラインスクール」は、大きく以下の3部構成となっています。

  • 症状LPの作り方(設計図を作る)
  • 症状LPの設置
  • 予約率をUPさせる(反応率のアップ)

質問したいことがある場合には、症状LPオンラインスクール参加者専用のfacebookグループでサポートが受けられます。

>>「自費治療院のWEB集客のはじめ方 症状LPオンラインスクール」の詳細はこちら