七色WebライティングPro

あれだけ、YouTuberや動画の時代などと言われながらも、今でもインターネット上に文章が溢れかえっています。

SNSやメールなどは文章のやり取りのほうが圧倒的に多いですし、動画専用サイトを除けば、ブログやWebサイトでも動画コンテンツよりはテキストのほうが多い場合がほとんどです。

特に、インターネットビジネスの世界においては、動画による広告宣伝も広がっていますが、文章が駆逐されるというわけではなく、併存している状態が続いています。

インターネットで稼ぎたいと思ったら、現在でもWebライティングのスキルは必要です。

しかし、Webライティングと一口に言っても、ブログやメルマガ、ステップメールなどでは最適な構成は異なります。

SNSでいきなり知らない人から何千文字もの長文が送られてきたら、それだけでブロックしたくなりますし、簡単な文章と短縮URLだけが送られてきても、詐欺サイトへの勧誘かと思って怪しまれるだけです。

一方で、ステップメールやメルマガで1通100文字程度の文章しか来なかったとしたら、明らかに手抜きという印象を受けるのではないでしょうか?

また、同じWebサイトであっても、リスト取りのページとセールスレター、ランディングページとではライティング自体も変わってきます。

例えば、ランディングページで、ある商品の無料サンプルを請求してもらうことを目標として作成するのにも関わらず、その商品を売りつけるような内容になっていると、販売ページと勘違いされかねませんので、決済ページが見つからないといった問い合わせが来たり、途中で離脱されるケースも増えます。

無料サンプルを請求する人も減るでしょうから、ピント外れなページを作成すると、全く成果が出ないということになりかねません。

そこで、コピーライターで実業家の西澤颯さんが、ブログやメルマガ、SNSや目的別Webサイトなど、それぞれのオンラインメディアごとに、どのようなライティングをすれば反応率・売上を上げることができるのかをまとめた「七色WebライティングPro」を作成しました。

「七色WebライティングPro」は、ライティングの基本はもちろんのこと、以下のように媒体ごとに必要なライティングの特徴などを詳しく解説しています。

  • スタートアップガイド
  • ブログ編
  • メルマガ編
  • オプトインページ編
  • サンクスページ編
  • セールスレター編
  • SNS編(Facebook、LINE)
  • コンプライアンス編
  • ランディングページ(LP)の極意

七色WebライティングProは、まったくの初心者からでも理解できるように書かれてあるので安心してください。

>>「七色WebライティングPro」の詳細はこちら