破産者が起業した時には融資を受けられるのか

キャッシングを利用しても、借りたお金が返しきれなくなったら、自己破産せざるを得なくなることがあります。破産者になると、信用情報機関に名前が残され、いわゆるブラックリスト入りすることになります。金融会社は、信用情報会社の記録に破産者と記されている人に、新しい融資は行いません。破産経験がある人は、借りたお金を返せない可能性があると判断されるので、クレジットカードも断られてしまいます。しかし、そんな自己破産者もブラックリストに情報があるという状態が永遠に続くわけはありません。破産者であるという記録がなくなるまで、何の問題も起こさずに済むことができれば、その後は普通にローンが使えます。かつて破産をしたことがあるから人生が終わりということはなく、その後、きちんと過ごしていれば信用力も回復します。以前に破産したことがあるという人でも、時間が経てばまた金融機関からの融資が可能な状態になることができるでしょう。チャンスが復活するという話ですので、審査の結果OKが確約されるということではありません。破産者になってから何年たっても、破産した時に借りていた金融機関は、融資を認めないということがほとんどです。ですから本気で融資を受けたいのなら、初めて利用する金融機関を新たに探した上で、融資の申請すべきです。今まで借り入れをしたことがない金融機関を選択して融資を受けることで、破産者でもお金が借りられる可能性が上がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする