破産者が融資を受けることは出来るのか

新規の融資を受けたいけれど破産者である場合、まずは情報を集めることが重要です。かつて自己破産をしたことがある人は、信用情報会社にその情報が入ります。金融会社は、新規の融資を行う前の審査で信用情報会社に照会をして、延滞や破産情報を確認します。自己破産の記録があると、キャッシングなどの融資の審査に通ることはまず、ありません。ただし、信用情報会社が管理している自己破産の情報は永久ではなく、5年~10年程度で記録は消去されます。信用情報機関に残されている記録が無くなれば、破産者でも融資を受けられる可能性が出てきます。10年は長い期間ですから、信用情報会社が情報管理中でも、何とかして金融会社から融資を受けられないかと思うこともあります。状況によっては、破産者の状態でも、審査をクリアし新規の融資が受けられます。信用情報機関の情報に比重を置いている銀行や、大手消費者金融会社では、新規の融資は期待できません。大手の会社ではなく、中小の消費者金融であれば破産者でも融資を行っていることがあります。ただし、規模の小さい消費者金融会社は大々的な宣伝をしていないので、情報をこちらから収集する必要があります。破産者を対象に融資をしている悪徳業者も実際に存在しているので、騙されないように安全な業者であるか十分な確認をするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする