FXで勝つための取って置きの手法

FXトレードで安定的に勝ち続けるためには、どうすればいいのでしょうか?

裁量トレードであれば、トレード理論やテクニカル指標、ファンダメンタル要因などを勉強したり、優位性のあるトレード手法を学んで、再現できるようになるまでトレード練習を繰り返すのが一般的です。

また、自動売買などのシステムトレーダーであれば、EAを自作する際にMQLなどのプログラム言語の勉強が欠かせませんし、無料配布・市販のものを使う場合でもバックテストを行って結果を評価したり、パラメーター調整やロジックが相場にあっているかどうかの判断ができるようになる必要があります。

ほったらかしで他人任せというのでは、いつまでたっても稼げないままであることは言うまでもありません。

今田雅雄さんは専業FXトレーダーとして10年以上の実績がありますが、FXで安定的に稼ぐためには「簡単に勝てる方法を知ること」が必要不可欠だと断言します。

その方法の一つとして、今田さんが教えているのが「FXで勝つための取って置きの手法」です。

「FXで勝つための取って置きの手法」は、シンプルな判断でトレンドの有無がわかるようになりますし、高い再現性と安定性を兼ね備えています。

「FXで勝つための取って置きの手法」は、ダウ理論、グランビルの法則、エリオット波動がベースにあり、移動平均線を使ってトレンドフォロー戦略で波の端から狙っていきますが、これらのトレード理論などを一切知らなかったとしても全く問題ありません。

「FXで勝つための取って置きの手法」を使いこなせるようになると、トレード勝率70%程度は十分に狙えますし、損益比率は1:1~1:3程度で、平均1:2です。

トレード勝率50%でも利益が出せる水準です。

「FXで勝つための取って置きの手法」は、通貨ペア・チャートの時間足に関係なく使えます。

なお、スキャルピングで使うことが多い1分足、5分足チャートはノイズが大きいために、「FXで勝つための取って置きの手法」でも使えないことはありませんが、推奨はされていません。
最短でも15分足チャート以上を使うように推奨されています。

また、通貨ペアもあまりにマイナーな物を選ぶと、取引量が少ないために値動きが不安定になりやすく、予想外の値動きをすることが珍しくありません。

このため、「FXで勝つための取って置きの手法」では、ユーロドルやドル円、ユーロ円など、メジャーな通貨ペアでのトレードが推奨されています。

>>「FXで勝つための取って置きの手法」の詳細はこちら