国内物販卸サポート

せどり・転売ビジネスで重要なポイントの一つが、可能な限り、仕入れ価格を安く抑えることです。

このため、新品の商品であれば、特価品や処分品などを狙って店舗を探すことが珍しくありません。
現在は禁止する店舗が増えてきたために実践者は減少傾向ですが、バーコードリーダー片手に全頭検索をする人も少なくありませんでした。

しかし、店舗仕入れ/電脳仕入れに限らず、小売店から商品を購入する場合には、仕入れ価格を安く抑えるには限度があります。

ディスカウントショップの宣伝文句じゃありませんが、仕入れ価格を下げるためには「中間コストのカット」が欠かせません。

小売店で商品を仕入れるのではなく、卸売やメーカーから直接仕入れることで、小売店の販売価格よりも安くなることは言うまでもないでしょう。

とはいえ、店舗経営者でもない一個人が、どうやって卸売やメーカーから直接仕入れたらいいのでしょうか?

このお総理やメーカーからの仕入れ方をマンツーマンで教えてくれるのが「国内物販卸サポート」です。
F&Tマックスフルネス合同会社の宮垣秀之さんが独自に開拓した国内の仕入れルートを個別指導で教えてくれます。

一個人で仕入れてヤフオクやメルカリ、amazonなどに出品して転売しているよりも、ネットショップを立ち上げたほうが店舗経営者として有利に見られます。

amazonではストア出品があるため、転売だけでなく、通常の販売として認められる場合もありますが、自前でネットショップのホームページを立ち上げるよりも、Yahoo!ショッピングや楽天市場などで出店したほうが楽な場合もあるでしょう。

最初のうちは、知識と経験を増やすために、あなた自身が仕入れをして販売したほうがいいですが、一人ではこなしきれないほどに取り扱う量や数が増えてきた場合には、外注化や効率化が欠かせません。

「国内物販卸サポート」では、12ヶ月間のサポート期間の中で、比較的、進捗が早い人に対して、外注化や仕組み化の手順についても学ぶことができます。

1年間はあっという間ですから、のんびり進めていくと、外注化や仕組み化の手順を学べるチャンスがなくなる場合もありますので注意してください。

「国内物販卸サポート」では、副業で月収5~10万円程度を安定的に稼げることを目標としていますが、取り扱う商品の数を増やせば、さらに稼ぐこともできますし、仕組み化・外注化なども行えば、飛躍的に利益を増やすことも可能です。

>>「川村明宏のジニアススタディ」の詳細はこちら