クレジットカードとカードローンの使い方

クレジットカードとカードローン、この二つは混同されることが多いのですが、実は全く別物です。その為、その機能や利用する際の審査にも違いが見られます。カードローンの役割はお金を貸すことであり、クレジットカードのように店頭でのカード決済には利用できません。欲しいものがあったとしても、カードローンでは決済手続きはできません。クレジットカードは、クレジット機能もありますが、キャッシングカードとして使うことで、限度額以下の借り入れをカードを使って何度でもできます、とはいえ、クレジットカードのキャッシング機能は、カードローンほど借入額は多くないですし、高金利になりがちです。いざという時や旅行先で利用する分には事足りるかも知れませんが、まとまった金額が必要であるという場合には向いていないと言えます。クレジットカードの場合、年会費が必要となる場合もありますが、カードローンの場合は年会費が掛かることはありません。金融会社によって、独自のサービスをつけたカードローンも多く出ていますので、まずは情報収集から入るといいでしょう。クレジットカードやカードローンを使えるのは、多くの場合20歳からですが、何歳までの人が利用できるかは金融会社によって基準が違うので、確認が必要かもしれません。クレジットカードでも、カードローンでも、借りたお金は確実に返済できるように、返済計画をしっかりつくっておくことです。適切な使い方をすれば、クレジットカードも、カードローンも私達の生活を豊かにしてくれますので、よく考えて利用するといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする