営業育成プログラム ザ・トップセールス

営業成績を上げてトップセールスと呼ばれるようになりたいけど、どうすればいいのか分からずに困っていませんか?

同じ営業と言っても、ルート営業と飛び込み営業・訪問営業、個人とチームとして活動するのとでは大きな違いがありますが、個人としての営業力を高めない限りは、チームとして取り組む場合にも成果を出すのは難しいです。

しかし、ビジネス書に書いてあるようなセールステクニックやノウハウはもちろんのこと、気合と根性などの精神論で努力を積み重ねても、なかなか営業成績につながらないのではないでしょうか?

株式会社ユアライト代表の加藤裕也さんは、たまたま「伝説の営業マン」「規格外の営業マン」などという異名を持つ「加藤ゆきつぐ」(加藤幸次)さんが講師を務める講演会で出会ったといいます。

どっちも加藤さんなので紛らわしいですね(笑)

加藤ゆきつぐさんは、自動車営業では最高月47台、年275台(月に3~5台、年間48台程度売り上げればトップセールスとして表彰される時代)と驚異的な売上を次々と達成し、この記録は現在でも破られていません。

その後、加藤ゆきつぐさんが転職して保険代理店を始めると、数年間で全国トップに躍り出るだけでなく、それ以降、現在に至るまで全国トップを維持し続けているという具合に、驚異的な営業成績をあげ続けていることがわかります。

加藤裕也さんは、加藤ゆきつぐさんのセールススタイルを徹底的に分析し、誰でも再現できるようにマニュアル化したいということで、加藤ゆきつぐさんから直接、何十時間にもわたってヒアリングを行い、体系化することで生み出されたのが、営業育成プログラム「ザ・トップセールス」です。

営業育成プログラム「ザ・トップセールス」で学べるのは、再現するのが難しい精神論ではなく、営業に必要な戦略と技術です。
大きく、以下の2つのポイントになります。

  • お客さんに出会うためのスキル
  • お客さんに買ってもらうためのスキル

思わず、「アタリマエのことじゃないか」と言いたくなったかもしれませんが、なかなかできていない場合が多いものです。

「会社の机に座っている暇があったら、足で稼いでこい」などといった、戦略や技術が不要な精神論中心の方法ではなく、あなたの商品を「欲しい」「必要」と感じる人を特定して、適切にアプローチするという「質の良い集客の流れ」を作ることで、あなたは無駄足を踏むことなく、効率よく成約まで持ち込むことができるのです。

欲しくもない客を相手に購入させるセールステクニックなどもありますが、やはり、欲しい人を見つけたほうが売りやすいことは言うまでもありません。

営業育成プログラム「ザ・トップセールス」でも、お客さんを真剣にさせて、購入させるための技法や知識を学べますが、これだけでは片手落ちです。
効率の良い高品質な集客との相乗効果がないと、驚異的な営業成績を叩き出すことはできません。

>>「ザ・トップセールス」の詳細はこちら