アフィリエイト完全外注化マニュアル

PPCやメルマガ、動画などを使ってアフィリエイトするのであれば、そこまで重視されない場合も多いですが、検索エンジンの自然検索を活用して集客する場合を中心に、それなりの数の記事を作成する必要があります。

1記事あたり2,000文字は必要、5,000文字は必要などと言われますが、ライバルなどとの比較になるため、一概には言えません。
100文字や500文字程度でも十分な場合もありえます。

もちろん、記事の数が多ければいいわけではなく、それぞれの記事の質も求められます。

あなた自身の文章作成能力が低かったり、物理的に記事を書く時間が確保できないというのであれば、他人に代理で記事を変えてもらう「外注化」が欠かせません。

しかし、漠然と指示を出しても、期待通りの結果になるとは限りませんし、外注を募集しても戦力になるのは全体の1割以下といったデータもあるため、よほど気をつけていないと、思い通りの記事が手に入らないケースのほうが多いです。

このため、記事作成を専門に行なっている業者に依頼する方法もありますが、確実に期待通りの記事が手に入るとしても、それなりに費用がかさみます。
気軽に依頼できない場合も多いのではないでしょうか?

専業アフィリエイターの梅林昭郷さんは、外注で数多くの失敗を重ねながら、安定的に良質な記事を書いてもらうためのノウハウを蓄積してきました。
このノウハウをまとめたのが「アフィリエイト完全外注化マニュアル」です。

アフィリエイト完全外注化マニュアルでは、以下の3点について詳しく解説しています。

  • サイト設計をしたうえで外注ライターに募集をかけることの重要性
  • 自分の予測した文章が戻ってくるための指示書の出し方
  • 質の良いライターさんを選び投稿と編集を自動化するまでの流れ

外注ライターの募集を行えるクラウドサービスは数多くありますが、アフィリエイト完全外注化マニュアルではランサーズのみを使用しています。

梅林さんがランサーズからキックバックをもらっているのかどうかは知りませんが、アフィリエイト初心者でも募集がかけやすい上に、他のサービスと比べて利用者も多いため、最初に利用するクラウドとしてランサーズが優れているというのが理由です。

例えば、「2,000文字の1記事を500円で募集」というと高いように思うかもしれませんが、記事作成業者に依頼すると1,000円から2,000円程度は余裕でかかります。
ランディングページに掲載する記事だと、10万円を超えるケースもあります。

ランディングページを500円で依頼するのは無理ですが、業者に依頼するよりも安く済むことがわかるのではないでしょうか。

>>「アフィリエイト完全外注化マニュアル」の詳細はこちら