ケアマネらくらく合格勉強法

2018年以降、受験資格が大幅に縮小されたケアマネ試験ですが、その初回となる2018年試験は受験者数が2017年の半分以下という激減ぶりです。
2017年に救済措置ともいうべきなのか、合格率20%以上という異常な結果の反動なのか、2018年のケアマネ試験の合格率は平年よりも低く10%割れ寸前でした。

ケアマネ試験に合格するためには、介護支援分野、保健医療福祉サービス分野の両方とも、合否ラインの目安となる70%前後以上の得点を得る必要があります。

ケアマネ試験で合格ラインを超えるためには、どのような勉強をすればいいのでしょうか?

ケアマネージャーの三島茂人さんは、1冊の問題集だけを使って1か月間で一発合格することは可能だといいます。

2,300ページを超えるほどに分厚いケアマネ基本テキストの内容を勉強する必要はありません。問題集1冊あればいいのです。

とはいえ、単純に問題集に書かれてある問題と正解を丸暗記すればいいというわけではありません。
一つ覚えたら一つ忘れるといった状況も珍しくない中で、すべてを完璧に覚えるというだけでも至難の業です。

三島さんは、以下の2つのポイントがケアマネ試験対策として重要だと指摘します。

  • 出るところだけに的を絞って徹底的にやる戦略的勉強
  • 記憶のメカニズムに基づいたスケジュールで記憶の定着を徹底的にはかる

ケアマネ試験は、100点満点を取らないと合格できない資格試験ではありません。
70%を少し超える程度の点数が取れれば十分ですから、すべてを完璧に覚える必要はなく、出題されやすい分野を重点的に勉強していけばいいわけです。

この具体的な勉強法が学べるマニュアル「ケアマネらくらく合格勉強法」を三島さんが作成しました。

「ケアマネらくらく合格勉強法」は2008年の発売開始以降、数多くの合格者を輩出している学習法です。

>>「ケアマネらくらく合格勉強法」の詳細はこちら

「ケアマネらくらく合格勉強法」の内容

  • まじめな人ほど陥りやすい間違った勉強法とは?
  • 合格のために買わなければいけない、たった1冊の問題集とは?
  • 勉強を挫折させないために必要な「ある方法」とは?
  • 問題を見た瞬間に問題集のページを思い出す驚異の記憶法
  • 毎年のように繰り返し出題される重要問題とは?
  • 最初解けなかった問題が、ある日、突然解けるようになる不思議な体験とは?
  • 問題集の内容が、どんどん頭の中に定着する「ある記憶のメソッド」
  • 1か月で合格を勝ち取った、本番に強くなる「ある秘密」
  • 1度で4倍の効果、一石四鳥の勉強法
  • ここで差がつく!ケアレスミスを防ぐ秘訣
  • 犬に学ぶ集中力強化法

など

>>「ケアマネらくらく合格勉強法」の詳細はこちら

購入者特典

  • よく出る重要項目暗記集
  • 個別メールサポート(30日間、回数無制限)
  • ケアマネ試験に不合格の場合はメールサポートを1年間延長
  • 特別オリジナルレポート「非常識なケアマネ試験合格法」
  • 「神様とお話ができる」という某神社で合格祈願の代行
  • 介護支援専門員実務研修のアドバイスレポート(社会資源の見つけ方など、提出物の作成サポート)

>>「ケアマネらくらく合格勉強法」の詳細はこちら