YouTuberチャンネル登録者数徹底攻略法

YouTubeで収益化をはかるにあたって最低条件となったのが「チャンネル登録者数」と「動画の総再生時間」です。

以下の条件を満たして、はじめて収益化の申請が行えます。

  • チャンネル登録者数が1,000人以上
  • 動画の総再生時間が4,000時間以上

申請しても必ず審査に通過するとは限りません。
規約違反が見つかった場合には審査が落ちるだけでなく、アカウント凍結などのペナルティが課されるおそれもあります。

どこかのテレビ局のテロップじゃありませんが、パーセンテージと面積があっていない、明らかにおかしな三角形だと思うかもしれませんが、あくまでもイメージです。

意外に収益化の条件をクリアしている人が多いと感じたり、広告収入だけで稼ぐためのハードルが高いと感じるなど、個人差があると思います。

チャンネル登録者数が100万人を超えると、広告収入だけでも十分な稼ぎが得られますが、上位1%しかいません。
この上位1%に食い込むためには、どうすればいいのでしょうか?

東京都在住の水谷淳さんは、大学生のころにYouTuberをスタートしました。
YouTubeの収益化が始まったばかりの時期であり、今と比べたらハードルは異常に低く、極端に言えば、誰でも稼げる状態といっても過言ではありませんでした。

それにも関わらず、水谷さんは、当時、早稲田大学で人間工学の研究を行っていたことから、その知識を応用し、YouTubeのシステムの全容を、ある程度、解明することに成功したといいます。

その仕組みを利用することで「どうしたら登録者数が伸びるのか?」を理論に基づき、解説したのが「YouTuberチャンネル登録者数徹底攻略法」です。
「チャンネル登録者数を増やす」ことだけに焦点を当てています。

YouTuberチャンネル登録者数徹底攻略法は、最新の科学的手法を取り入れることで誕生した画期的な手法です。

YouTuberチャンネル登録者数徹底攻略法を実践した人たちは、次々とチャンネル登録者数100万人を突破させることに成功しています。

>>「YouTuberチャンネル登録者数徹底攻略法」の詳細はこちら

YouTuberチャンネル登録者数徹底攻略法の内容

  • YouTubeについて
  • 基本知識
  • YouTubeチャンネルの伸び方
  • 再生回数の伸びる動画の作り方
  • 視聴者が動画に辿り着くための5つの要素
  • 強いワードと弱いワード
  • PDCAサイクル
  • YouTube Creator Academy

>>「YouTuberチャンネル登録者数徹底攻略法」の詳細はこちら