デイトレード判定ソフトThanks2019

デイトレード判定ソフト「Thanks2019」は、日経225先物向けの寄引システムトレードツールです。

日中取引の寄付でエントリーして、その後、大引で決済するのは、一般的な寄引ツールと変わりません。

しかし、「Thanks2019」は日中取引の日経225先物の4本値(始値、終値、高値、安値)のみでシグナルを出せるため、一般的な寄引ツールのように、取引日の朝まで待つ必要がないという点はメリットでしょう。

「Thanks2019」のロジックはブラックボックスのため、具体的な判断基準などはわかりませんが、2015年以降の日々の値動きを解析してロジックを作成したと「Thanks2019」販売者の上野武志さんは説明しています。

上昇しやすいところ、下落しやすいところを見つけてロジック化しており、上げ幅が大きいところ、下げ幅が大きいところの条件も加味していると上野さんはいいます。

このため、ロジックにカーブフィッティングがかかっている可能性はゼロではありませんが、稼げるうちは使うといった具合に割り切って使うのもいいかもしれません。

「Thanks2019」のバックテスト結果は以下のようになります。
(ラージ1枚でのトレード、取引手数料などは除く。ロスカットは200円で設定)

実際の損益額はラージ1枚あたり1,000倍、ミニ1枚あたり100倍すると計算できます。

2018年でみると、ラージ1枚で取引し続けた場合には、981万円の利益、ミニ1枚だと98万1000円の利益(それぞれ取引手数料を除く)となります。

当然ながら、トレード単位では損失が出る場合もありますし、月単位で見ても損失が出ている場合がありますが、年間で見ると安定的に利益を出していることがわかります。

>>「デイトレード判定ソフトThanks2019」の詳細はこちら

購入者特典

デイトレード判定ソフトThanks2019を購入すると、以下の特典が受けられます。

  • 夜間寄り引けシステム「Thanks2019-night-」(夜間取引に特化した寄引システムトレードツール)
  • 4年間のフォワード実績がある2種類の日中寄り引けシステム(BB-Day LC70、MAV)のサインを公開(2020年4月23日まで)
  • Thanks2019のサインを1年間無料配信(2020年4月23日まで)
  • 次作を無料提供(Thanks2019の年間成績がマイナスだった場合)

>>「デイトレード判定ソフトThanks2019」の詳細はこちら