IR-SEO

「健康アップデート」や「恋愛アップデート」などと言った異名を持つGoogleのコアアルゴリズムアップデートが起こるたびに、多くの人が順位が落ちた/上がったと大騒ぎになります。

特に、オンラインショッピングやアフィリエイト、ドロップシッピングなどのネットビジネスに携わっている人にとっては、コアアルゴリズムアップデートの影響でキーワードの検索順位が上昇・下落すると、集客に直結するために、その影響は非常に大きいです。

コアアルゴリズムアップデートによる影響で、ネットビジネスの廃業に追い込まれた人もいるほどです。

コアアルゴリズムアップデートは、これまでの実績だと数ヶ月に1回程度の頻度で行われていますが、対外的にスケジュールなどが公開されているわけではありません。
2019年6月にgoogleが初めて事前予告を行ったぐらいで大騒ぎになるほどであり、事後報告が一般的です。

googleが検索順位を出すために使用しているコンピュータプログラム(アルゴリズム)は、コアアルゴリズムアップデートだけでなく、ペンギンアップデートやパンダアップデート、クオリティアップデートやモバイルフレンドリーアップデートなど、数多く存在しており、googleのエンジニアでさえも全体を把握することはできないほどに複雑化しています。

このため、従来から知られているSEO対策を施したとしても、全く成果が出ない場合が珍しくありません。

  • 自作自演の被リンクの数を増やす
  • オリジナルコンテンツを増やす
  • 文字数が少ない記事のボリュームを増やす
  • 記事の中に共起語や関連キーワードなどを多く盛り込む

など、これまでであれば「有効」と言われていたSEO対策も通用しなくなっているのが実情です。

そこで、2019年のSEO対策として何をすればいいのかを学ぶことができる「IR-SEO」(Intention Relevance SEO)が役立ちます。

googleエンジニアが検索エンジンの全体像がわからないといっても、アルゴリズムそのものが完全なブラックボックスになっているわけではありません。

被リンクを増やせばいいとか、ページ数や記事のボリュームを増やせばいいなどといった従来型の対策ではなく、今だからこそ効果的なSEO対策を行うことで、検索順位が復活した実績は数多くあります。

そのポイントとされるのが「キーワードとコンテンツの関連性」です。
どれだけコンテンツの質が良くても、そのコンテンツがキーワードとの関連性が低いとGoogleに判断されれば、順位は容赦なく下げられます。

「キーワードに対する検索ユーザーの思考や目的を正確にコンテンツに反映できていない」からというのがgoogleの考えです。

このため、コンテンツとキーワードの関連性を中心に既存のコンテンツを見直して、新たなコンテンツを作成する必要があります。
具体的な手法やノウハウを「IR-SEO」で学ぶことができます。

それこそ、健康アップデートや恋愛アップデートなどで検索順位が暴落したWebサイトやブログも、IR-SEOに書かれている対策を施したことで復活したという報告が次々と寄せられています。

>>「IR-SEO」の詳細はこちら