ブレイントラスター

電脳せどりの方法は数多く存在します。

その中でも、いわゆる「刈り取り」をamazonで行うことは、コンディション・ガイドラインによって事実上不可能になっています。
中古商品としてamazonに出品する分には問題ありませんが、新品として出品する場合に規制が課されます。

ガイドライン違反をすると、永久アカウント凍結などのペナルティが課されますので、こそこそ隠れてやっていればわからないというのは通用しづらいです。

中古品で刈り取りをする分には問題ないため、プレミア価値のある商品をamazonで独占販売したい時に買い占めるのはOKです。

電脳せどりの中でも初期の頃から行われていたのが、ネットショップから商品を仕入れてヤフオクやamazonなどに出品して差額を稼ぐという方法です。

しかし、実際に試してみるとわかると思いますが、転売益が見込める商品を探す手間が大変です。
時間をかけて探しても見つからない場合が珍しくありません。

そこで、「ヤフオク仕入れ・amazon出品」で転売益が見込める商品を自動的に見つけ出すツール「ブレイントラスター」が役立ちます。
人間が行うのには不可能に近い「全商品」のリサーチを全自動で行ってくれます。

モノレートやオークファンなどを必死になって確認する必要もなくなります。
ブレイントラスターが出すアラートに従って仕入れと出品を行うだけです。

しかし、amazonはASINコードで商品の判別がしやすいのに対し、ヤフオクは出品者が自由にタイトルなどをつけて出品しているため、同じ名前がついていても実際には違う商品だったり、違う名前がついていても同じ商品だったりするケースが珍しくありません。

このため、ブレイントラスターのデータが正確なのか、正しいアラートがでるのかと心配しているかもしれませんね。

しかし、ブレイントラスターのデータで心配する必要は、ほとんどありません。

実際に仕入れる前に、ヤフオクの出品者などに型番などが正しいかどうかを問い合わせればいいわけですし、ブレイントラスターはヤフオクだけでなくネットショップやフリマアプリ(メルカリ・ラクマなど)からも仕入れられます。

ブレイントラスターには、ネットショップやフリマアプリとamazonとの価格を比較する機能はありません。

ブレイントラスターはWebブラウザがあれば利用できるクラウドツールです。
パソコンやスマホなどにインストールする必要はありません。

>>「ブレイントラスター」の詳細はこちら