クレジットとカードローンの違い

買い物をする時にとても便利なクレジットカードを持っておられる方はたくさんおられると思います。またお金に困った時にはカードローンで借り入れをされている方も少なく無いようです。クレジットカードと、カードローンは似たようなものだと思っている人いますが、実は随分と性質が違うものです。カードローンの特徴は、クレジットカードのように支払いの精算はできず、お金を借りられることにあります。クレジットカードはお金を借りることができるように、キャッシングカードとしての機能をつけ足しておけます。クレジットカードについているキャッシングの場合、カードローンのような融資専用のカードと比較すると、借入限度額には制限があります。限度額はカードローンの方が大きくなり、返済方法も異なってきます。クレジットカードのキャッシングは一括払いが基本ですが、カードローンは分割払いが基本になってきます。カードローンであれば、借りたお金を数回に分けて返済ができて、希望の借入金額も叶えられそうであり、とても使いやすいものです。クレジットカードの本来の役割は買い物であり、キャッシングは二義的なものでしかありません。クレジットカードでも、カードローンでも、借りたお金は確実に返済できるように、返済計画をしっかりつくっておくことです。適切な使い方をすれば、クレジットカードも、カードローンも私達の生活を豊かにしてくれますので、よく考えて利用するといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする