ebayマックス

BUYMAのように、無在庫転売を前提にしたかのような仕組みを取り入れているところは別としても、ヤフオクやメルカリ、amazonなどで無在庫転売を行なっていると、アカウント凍結や強制退会などのペナルティを受けるケースが少なくありません。

その原因といえるのが、無在庫転売特有の出品行動です。

とにかく大量に出品して、落札後に、商品が送られるのは、仕入れの都合があるために数日後などといった記述が書かれているアカウントなどは、のきなみ凍結されています。

特にメルカリは無在庫転売は規制が厳しく、徹底的に無在庫対策を行なっていることから、安定的に稼ぎ続けることは不可能でしょう。

一方で、ヤフオクは「無在庫転売は禁止」といいながらも、実際の運用としてはメルカリと比べると弱い印象があります。(あくまでも、個人の感想です)

ちなみに、eBayの場合はリミットの問題があるため、すでに大量出品が可能なアカウントの人は別として、無在庫転売特有の大量の商品を一括して出品するのは難しいです。

リミットが問題ない人でも、出品手数料の支払いを考えると、むやみやたらに商品を出品すると、手数料負けするおそれがあります。

これらのeBay特有の問題と、無在庫転売における一般的な問題をクリアできれば、eBayの利用者数や売上金額が膨大なことを考えると、安定的に稼ぐことができます。

ebayマックス」はeBayでの無在庫転売輸出を効率化するためのツールです。

eBayは出品する際には、専用の出品フォームから1品づつデータを入力する必要がありますが、出品数が多くなると、この作業自体で相当な時間がかかります。

この面倒な出品作業を、ebayマックスではテンプレートなどを用いることで短時間で効率的に終えられます。
商品データの入力は別のファイルを使うため、外注などに依頼するのにも好都合です。

また、ebayマックスには在庫管理の機能もあります。

仕入れ価格に合わせて出品価格を変動させるのはもちろんのこと、仕入元が品切れなどで商品の入手ができない場合に、eBay側で在庫0と出品後に修正できます。

ヤフオクなどのように、出品を取り消して再出品すると、eBayでは出品しなおすたびに出品手数料を支払う必要があるため、在庫0にして出品状態を維持したほうがいいわけです。

そのほか、ebayマックスは送料の自動計算機能や損益計算を含めた上での価格設定など、無在庫転売で欲しい機能を数多く搭載しています。

>>「ebayマックス」の詳細はこちら