User Contents Search ユーザー・コンテンツ・サーチ

検索エンジンで上位表示するためのポイントとして、現在は大きく以下の2点が重視されています。

  • 被リンク
  • コンテンツ

特に重視されるようになったのがコンテンツです。

現在でも、いかにもツールで自動生成したような「日本語として通じない文章」で上位表示されているサイトやブログはチラホラと見つかりますが、強力な被リンクを用意したり、キーワードの出現比率や共起語などを調整した結果でしょう。

しかし、このような支離滅裂な文章で検索エンジンで上位表示できたとしても、人間が読んだときに違和感しか感じなければ簡単に離脱しますので、ほとんど意味がありません。

コンテンツマーケティングに取り組むにあたっては、検索エンジンだけでなく、人間が読んでも理解できるコンテンツが必要なことは言うまでもありません。

そこで、記事の元ネタを短時間で効率よく集めてきて、パクリにならないようにコンテンツを作成すれば効果的です。

特に訪問者からの需要の高い「クチコミ、レビュー、評価」などを集めて記事を作成することで、キーワードの出現比率や共起語なども十分に集まりますし、それなりの文字数になるため、意味のある文章を短時間で作成できます。

しかし、口コミやレビュー、評価をしたい対象の商品やサービスなどのキーワードを検索エンジンで調べて、サイトやブログなどを一つずつチェックするとなると手間と時間がかかるので、うんざりするのではないでしょうか。

そこで役立つのが「ユーザー・コンテンツ・サーチ」(User Contents Search)です。

口コミや評価が数多く集まっている以下の8種類のWebサイトの情報を自動的に収集するツールです。

  • アットコスメ
  • 楽天市場
  • amazon(amazon側の仕様によりエラーが出る場合あり)
  • Yahoo!知恵袋
  • OKWave
  • クチコミの王様
  • 口コミランキング5:5
  • 口コミサンキュ!

ユーザー・コンテンツ・サーチを活用することで、あなたが検索したキーワードに関する「生の声」を簡単に集められます。

この「生の声」をベースにして、独自に調べた内容などを記事にまとめることで、ライバルサイトには存在しないオリジナルコンテンツを作り上げることも可能です。

コピペして集めただけの記事と比べると上位表示がしやすくなりますし、あなたのサイトやブログの訪問者からの評価も高まります。

>>「User Contents Search ユーザー・コンテンツ・サーチ」の詳細はこちら